Schlagwort: クリスマスマーケット

【D】バイエルン州一部地域でロックダウンへ

ここのところ連日、疫病の感染拡大の影響で、新たな規制措置が発表され続けています。今回は、新たにバイエルン州で発表された措置について書きます。 報道各社が報じるニュースの見出しでは、非常にショッキングな単語が並んでいます。恐れていた「ロックダウン」という単語がまた多く見られるようになりました。バイエルン州では、7日間指数と呼ばれる罹患率が1000を超える地域「Extreme Corona-Hotspots(極端なコロナホットスポット)」に関しては「ロックダウン」が発表されました。 発表では「これらの地域では全て閉鎖されます」とのことですが、託児所や学校、小売店、福祉施設は例外とされています。小売店は、20平米に1名のみの入店が許可されるそうです。その他の飲食店や宿泊施設、理髪店・美容室のような身体的な距離が近いサーヴィス業、スポーツ施設などは全て閉鎖されます。 今回の発表が行われたロックダウンは来月、12月15日まで実施されます。 その他のバイエルン州の地域では、来週の11月24日より3週間、下記の措置が有効となります。 ワクチン未接種者の接触制限 ナイトクラブ・バー・飲み屋などの営業停止 飲食店の夜間営業禁止(22時まで) 基本的には2Gルール適用(会社の従業員就業、小売店などの3Gルール例外適用有り) 託児所・学校授業についてはこれまで通り継続 尚、クリスマスマーケットに関しては、バイエルン州全体として正式に中止が発表されました。 ミュンヘンの一番のシンボルとも言える「マリエン広場のクリストキンドゥルマーケット」は、先日既に中止発表がなされていました。その他の街のマーケットについては、一部開催がなされる予定のものもありましたが、残念ながら今年2021年のクリスマスマーケットは、開催されないこととなってしまいました。 ミュンヘンの近郊の街でいくつか開催予定のところがあり、僕はそこへ行くつもりで色々調べていたのですが…そちらも本日付で中止発表がなされてしまいました。非常に残念ではありますが、本格的なロックダウンとならぬよう、今後状況がさらに悪化しないことを願うばかりです。 ところで本日、スーパーマーケットで買い物をした際、Glühwein(ホットワイン)用のワインが売られているのを見つけましたので、購入致しました。本当は外の寒空の中で屋台で飲むのが好きでしたが、今年は大人しく1人で自宅で楽しむことと致します。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  340,7 バイエルン州  625,3…

【D】ミュンヘンのクリスマスマーケット中止決定へ

バイエルン州政府は昨日11月15日、赤色段階における飲食店及び宿泊施設での2Gルールの適用など、制限措置の強化に関する閣議決定を発表しました。適用は本日11月16日からとなります。今回は、本日から新たに始まる規制についてと、クリスマスマーケットについて書きます。 下記、在ミュンヘン日本国総領事館より、日本語にてまとめた内容をメールで案内くださっていたので、そちらから引用致します。 病院信号システム赤色段階における2Gルールは今後、飲食店及び宿泊施設にも適用される。身体の近さを伴うサービスでは、引き続き3Gプラスルールが適用される。 3Gプラスルール又は2Gルールが義務づけられている場所では今後、対人間隔が遵守されない限り、マスク着用義務が適用される(飲食店では着席するまで)。 事業者及び主催者が2Gプラスルールを採用し、かつ、追加的な迅速検査を要求しない場合、ディスコ、クラブ及びその他類似の余暇施設においても、黄色及び赤色段階においてマスク着用義務が適用される。 病院信号システム黄色及び赤色段階では、ワクチン接種者又は快復者でない高齢者及び介護施設職員は、週に最低2回のPCR検査の陰性証明又は勤務日毎に迅速検査の陰性証明を提示しなければならない。高齢者及び介護施設並びに病院の訪問者は、毎回の訪問時に迅速検査の陰性証明を提示しなければならない。 一般的に、検査の実施はワクチン接種者にとっても追加的な安全性をもたらす。ワクチン接種者も含めすべての市民は、特に脆弱なグループの保護のため、再び無料となった検査の機会を利用することが求められる。(注:バイエルン州ではすべての市民が11月13日より最低週1回の無料迅速検査の権利を有する。) 保育所では、今後週に3回の検査が行われ、赤色段階では固定のグループが再度導入される。 ドイツ語の発表や、上記日本語でまとめてくださっているものを読んでいても非常に曖昧だと感じる表現は、事業所によって採用するルールが異なる余地があるということです。このタイミングでバイエルン州にいらっしゃる方は、ご自身が利用する施設がどのような対応をされるのか、注意が必要です。 特にホテルなど宿泊施設の場合、本日から当面、ワクチン接種者と快復者のみしか宿泊出来ない(既にチェックイン済みの場合でも、近日中に強制的にチェックアウト)とのことです。 僕の職場は厳格な2Gを採用とのことで、基本的にはワクチン接種者と快復者のみと接することとなります。例外は、従業員はワクチン接種を必ずしている必要はなく、疫病の陰性を、継続的に証明しなければならないとのことです。従業員数が10人以下で、あまり人と接するポジションではない人の場合…などと色々と例外があり、結局厳しいのか緩いのか、という状況での勤務環境となります。 マスクに関しては、FFP2マスクのみに限定されます。今後僕の業務として、館内で出会う人がFFP2マスクをしていなければ、強制的に押し売りをするということが追加されました。 ところで、本日付で大変ショッキングなニュースが発表されてしまいました。楽しみにしていたクリスマスマーケットが中止との発表がありました。 ↑先日撮影したYoutube動画です。 ミュンヘンのシンボル・新市庁舎のあるマリエン広場で行われる「Christkindlmarkt(クリストキンドゥル市場)」は、開催までもうあと1週間を切ったというこのタイミングで中止決定です。 尚、私的なクリスマスマーケット風の催しに関しては、各主催者に委ねられるとのことです。イヴェントが催行となり、そちらに参加をする場合は、2Gプラスルールが適用とのことなので、ワクチン接種者、快復者、PCR検査で陰性が証明出来た場合のみ利用可能です。 イヴェントに関しては、今後も変更が予想されます。参加予定の方は十分最新情報にご注意ください。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  312,4…

【D】2021年クリスマスマーケット開催か⁈

ここのところ、ドイツ国内の疫病の感染者数が急激に増えたことが問題となっております。つい先日も、警戒レヴェルが大幅に引き上げられてしまいました。ドイツと言えば、冬のイヴェント「クリスマスマーケット」が有名で、観光の目玉ともなっています。今回は、現在の疫病の状況とクリスマスマーケットの開催状況について書きます。 僕が現在暮らしているバイエルン州では、今年2021年9月末日の時点で、クリスマスマーケットの開催が決定されました。その当時は疫病拡大もついに終息を迎えるか、と思われるほどに状況は良好でした。「疫病に対する制限が撤廃された状態で開催が可能になるかもしれない」とまで言われており、多くの人々が大いに期待したことでしょう。他の都市も次々と開催決定の発表があり、インターネット上でも喜びの声が溢れていました。 昨年2020年度中は、国内の多くのクリスマスマーケットが開催されず、今年こそはと大きな期待があった分、開催を控えたこの時期に疫病の急な再拡大に、クリスマスマーケットは果たして行われるのか疑問に思われ始めました。「それでも今年こそは開催する!」と宣言している自治体もありますが、実際残念なことに、今の時点で早くも、既に今年のクリスマスが開催されないと決定した自治体が現れ始めました。ザールラント州のWadgassen(ヴァートガッセ)は、開催中止を一番最初に発表した自治体であると報じられました。その他、バイエルン州のLindau(リンダウ)やRosenheim(ローゼンハイム)なども開催中止が既に決定しています。 バイエルン州の大都市・ミュンヘンは、今のところ開催予定であることは変わりませんが、どのように開催されるのか今後も情報に注意する必要がありそうです。当初は、制限を設けずに開催が可能となるかと言われていましたが、もはやこの状況ではそれは不可能です。屋外のマーケットではあるものの、マスク着用義務を設定したり、2Gルールを適用するのか、もしくは3Gルールを適用するのかが議論されています。 目下、ミュンヘンのクリスマスマーケットは11月22日の17時にオープンし、12月24日(屋台は12月23日)まで開催されると言われています。 ミュンヘン市内のシンボル「マリエン広場」の新市庁舎前には、11月3日に27メートルの巨大なクリスマスツリーが設置されました。既に照明は取り付けられているようですので、ツリーに光が灯る日が待ち遠しいです。 ある程度の制限があるにしても、どうにか開催されるとのことでしたら、僕にとって「ドイツに戻って以来初」、久々のドイツのクリスマスマーケットを楽しみたいものです。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  263,7 バイエルン州  454,9 ※ロベルトコッホ研究所発表情報を参照(2021年11月12日)