Schlagwort: 引越し

【D】ミュンヘンの住民登録

本日、ついに住民登録を終え「バイエルンの民」及び「ミュンヘン市民」となりました。今回は、ミュンヘンの住民登録について書きます。 先日、無事にミュンヘンの新居に引越しを致しました。いち早く住所変更手続きを行いたかったのですが、目下流行中の疫病の影響で、住民登録を行うには「オンライン予約が必要」とのことでした。 ミュンヘン市内には、6ヵ所の役所があります。自分の住むエリアの管轄の役所を探し、オンライン予約を入れます。 僕の場合は、管轄の役所は割と近所で、引越しから約2週間程度で予約が取れました。 予約当日、役所の建物の前には警備スタッフが2名いらっしゃり、予約がきちんとあるかを確認されました。予約確定後と予約日前日にもメールが届くので、メール画面を見せて館内に入りました。 予約をしていた時間ぴったり…とは行きませんでしたが、待ち時間はほとんどなく、自分の番号が呼ばれました。 住民登録に必要な書類は、賃貸物件オーナーが発行する「Wohnungsgeberbescheinigung」と、滞在許可証のカードのみです。結構間違いが多いようで、賃貸契約書を持って来ていて揉めている人たちが見受けられました。法改正の影響で、2015年11月以降の住民登録、引越しによる変更手続きの際にはWohnungsgeberbescheinigungが必要となりました。 僕のアパートのオーナーがまさかの、この書類に関してご存じない方のようだったので、役所との予約に間に合うように急いで発行頂きました。 「君たち外国人はこんな書類が必要なんですね」と言われましたが、僕が外国人だから必要なわけではありません。国籍を問わず、住民登録をする全ての人にとって必要なのです。 入居日までに書類が手に入らない場合は、即請求しましょう。書類のひな型は、各自治体のHP上からダウンロード可能です。 ここのところ、オンライン上で住所変更を行うことが出来るサーヴィスが増えて来ております。役所に正式に住民登録をして、住民票が発行されたり、滞在許可証の住所欄が更新される前の段階でも、住所変更を行えるものもあります。必要な郵送物を逃さないようにするため、住所が分かった時点でどんどん変更手続き出来るものは進めて行くとスムーズです。 ちなみに、ミュンヘン市内での引越しの場合は、オンラインで住所変更手続きが出来るようなので便利ですね。 ドイツ移住後間もない頃は、慣れない引越しでいちいちチェックリストを作っていたものですが、今やそのようなものは不要となりました。もはやベテランの域に達しました(爆) 心掛けていることは、引越しの度に、古くから契約している不要なサーヴィスはないかを見直し、不要なものはさっさと解約手続きを行っておくと、住所変更手続きの手間もなく、引越し前のタイミングで書類や手続きのやり取りがシンプルに片付きます。 今回タイミングが悪く、一部重要な書類が旧住所に配達されてしまうということがありましたものの、それ以外は特に煩わしいこともなく、無事に「住所変更手続き」は完了しました。 ところで余談ですが、ドイツの役所の方は非常に威圧的で怖い印象の方が多いと言われています。僕が当たった担当の方は、とてもフレンドリーにご対応くださいました。聞いた話だと、ドイツ語が話せず、英語で話し掛けると相手にされなかったり、通訳を連れて来るように言われて手続きが強制終了される…などと聞いたことがありましたが、僕がお世話になりました役所では、英語対応をされていらっしゃる方も見受けられ、全体的に雰囲気は良さそうでした。 恐れる必要はきっとなさそうですよ。 にほんブログ村 にほんブログ村

【D】祝・ミュンヘン暮らしスタート

就職を機にスーツケース1つだけを持ち、ミュンヘンにやって来て1ヵ月が経ちました頃、ようやくアパートが決定しました。今回はミュンヘンでのアパート探しについて書きます。 僕はこれまで、自らの意思とは裏腹に、何度も引越しを経験しております。引越しをし過ぎていてある意味「引越しのプロ」みたいな状況になってしまっていますが、ミュンヘンはこれまで住んだことのある街の中で最難関でした。長くアパートに内覧すら行けずに非常に困りました。ただ、やみくもに色々な物件に問い合わせまくったわけではなく、最初から住みたい要件を絞っていました。 僕のアパートの検索条件は下記の通りです。 家賃700ユーロ以内 「Zone M」エリア内 バスタブ付き 家賃に関しては安ければ安い方がありがたいのですが、なかなか400ユーロや500ユーロ代のアパートはありません。あったとしても学生専用、年金生活者専用であったり、生活保護の方向けであったりして、僕が住めない要件でした。ミュンヘン市内の中心部から遠く離れれば安いアパートがあるか…というと必ずしもそうではなさそうです。平米単価が低くても、結局支払う家賃額が変わらないもしくは余計に高かったりしました。通勤にも不便になる上に値段が高いようでは、メリットはありません。 ミュンヘンの周辺公共交通機関は、ゾーン制が採用されています。市内中心部が「Zone M」という名称で、このエリア内であれば何かと便利かなと思いました。 バスタブについては、僕がこれまで生活した中で外せない要件です。お風呂は癒しのために必要です。バスタブがないアパートしか見つからなかった場合、きっとまた引越しをしたくなるでしょうから…最初からバスタブ付きのアパートに入居出来たら良いなと考えました。 僕は長い無職期間があり、ミュンヘンでの仕事は全く新しく始める仕事です。一度決まりかけた物件に対しての入居申し込み時、給与明細を提出するように言われたり、試用期間が終了しているかを確認された際、いずれも当てはまらなかったため、残念ながら契約締結に至りませんでした。 せめて決して低くはない額の給与明細が提出出来れば良かったのですが、僕の場合は月の途中の入社、しかも最初の給与額はとても低い額でした。そして、新人ですし「試用期間内」です。 こんな状態でアパートは見つかるのか…最初に内覧に行けたアパートの契約が流れて少々ブルーになってはいましたが、諦めずに探していましたら、上記の3点の条件が全て揃ったアパートが無事に見つかり、契約をすることが出来ました。 見つけたサイトは、フラットシェア物件・ルームメイト募集の某有名WG用サイトでした。 僕はWGは嫌だなと思っておりましたが、WGだと割とすぐに見つかるようでしたし、同僚や知り合いたちからも「取り合えず住むところ・住所が必要だし、一旦WGに住んでも良いかも」とアドヴァイスをくださいました。僕自身もなかなかアパートが決まらない苛立ちや焦りがあり、本当はWGは気が進まないけれど、しょうがないかなと思い、WG物件も併せて探し始めました。 そこでふと「このサイトには単身アパートのメニューもあったはず!」と思い出し、検索してみたところ自分の希望条件のアパートを見つけることが出来たのでした。 一度は諦めかけたところでしたが、ふとチャンスが舞い降りたのでした。契約は割ととんとん拍子に進み、契約書記載の契約日よりも数日前倒しにした日付にてオーナーが入居開始を認めてくれました。 ミュンヘンにやって来てちょうどまる1ヵ月、ようやく自分のプライヴェート空間を手に入れることが出来ました。 家賃や契約に掛かる保証金などで一気に結構な額のお金が無くなりましたが、とりあえず住むところが決まって一安心です。…

【D】再就職・ミュンヘン移住

長らくの無職期間を経て、再就職が決定致しました。そしてなんと、ドイツ南部の、バイエルン州・ミュンヘンに引越すこととなりました。 ミュンヘンは学生時代に初めてドイツ旅行をして以降、ずっと憧れを持っていた大好きな街でした。旅行や以前勤めていた会社での出張で訪れる度に漠然と「この街に住みたいな」と思ったことは数知れず。 まさか実際に住むことになるなんて!夢のようです。 就職活動の際に、色々な会社を応募する際に「ドイツ語レヴェル」を証明することをよく求められました。ドイツ語レヴェルB2以上でないと雇いたくないという会社が多いようでした。僕の場合は、一応C1レヴェルの授業は全て終了しており、決して低いレヴェルだと思われるような語学レヴェルではないはずなのですが、公式な資格試験としてはB1レヴェルの合格証書しか持っておらず、毎度「あなたの語学力をチェックさせてもらいます」などと言われました。B2レヴェル以上の資格を持っていないとそもそも仕事のご紹介を受けられなかったり、応募資格がないとされることもありました。就職に影響するなら、ということで先日受験を致しました。 僕の語学力に関して、色々と日系企業の日本人たちに色々と悔しいことを言われましたが、ミュンヘンにあるドイツ人経営のとある会社から内定を頂けました。面接は全てドイツ人社長とドイツ語で行われました。資格試験の結果をもらう前に、そして驚くことに面接中に労働契約書を頂け、かなりスムーズに入社が決定したのでした。 B2レヴェルの試験結果は、取り急ぎ不要とはなりましたが、一応自分がこれまで語学の勉強を頑張りましたという記念にはなりますね。 ところで、予定していた入社日をいきなり早めて欲しいと会社から連絡が入りました。再就職までの間、国外在住の友人が遊びに来てくれていたタイミングでもあったので、一緒に小旅行を楽しんでいたところでした。友人が帰るタイミングとも合致していましたし、自分自身長い無職期間があり、お金も結構使ってしまっており、早く社会復帰して稼げるようになりたいという気持ちもあり、了承しました。 新しく住むアパートが決まっていない状態で、取り急ぎ生活が出来そうな物を詰めたスーツケース1つを持ち、ミュンヘンへと旅立ちました。 今日からしばらく格安ホステル暮らしです。「ホテル」ではなく、「ホステル」です。2段ベッドが数個並んであるような共同部屋「ドミトリー」暮らしです。ホテル暮らしはかなり高額になるので、当面は格安ホステルにて暮らしながら、新しい仕事、アパート探しを始めます。 少し旅行や出張で来たことがある程度で、大した土地勘もなく、親しい友人もいない街での新生活とはなりますが、憧れの街での生活ということで、不安よりも楽しさや期待が勝っている状況です。 今日からミュンヘンで、僕の新たな人生の章が幕開けです。