Schlagwort: 2G

【D】実質のロックダウン

ここのところ、新種の出現でまた世界中で疫病の急拡大が心配されております。今回は、僕の身に個人的に起こりそうなことについて書きます。 僕の現在の勤務先では、目下2Gルール(従業員は3Gルール)が適用されています。新種の出現が騒がれる少し前の、先月中旬頃から売上額が一気に下がってしまいました。元々冬はそう忙しくはないと言われてはいましたが、厳しいルールの適用で、本当に寂しい雰囲気になってしまいました。会社に出社しても「やることがない」「でもそこにいなければならない」という状況です。 幸い、現在の職場の上司や先輩は、最低限の業務内容をこなしてくれれば、業務時間中暇な時は好きなことをしてくれても構わないと言ってくださる方々です。僕はと言いますと、気が付いたらネットサーフィンをしてしまっている癖を矯正すべく、ドイツ語の勉強本を持ち歩いては、通勤中や職場で読むようにすることにしています。 上司や同僚たちとの人間関係も良く、勤務時間中に勉強が出来るなんて!夢のような職場環境…なのですが、世の中そんなに甘くはありません。あまりにも急激に売上げが下がったことにより、業務時間の変更の案内がありました。 「Kurzarbeitergeld」の申請をするので、書類にサインをしてくださいとの案内が社内でありました。これはつまり、現在僕はVollzeit(フルタイム)契約で週40時間勤務のところを、大幅にカットされることを意味しています。 目下疫病蔓延の影響で、業務の継続が難しくなった企業、その従業員に対して行われる社会保障の一部で、2022年3月までの申請が認められています。今後さらに期間延長になる可能性もありますが、僕の1ヵ月当たりの収入は、給与額の60%になる見込みです。 この件について、昨年既に同様のことを経験した同僚たちの間では「働かなくてもこの金額が貰える!」と喜ぶ人と、仕事がなくなり、自宅待機になる時間が増えるのが嫌だという人に分かれます。僕はと言いますと、長い無職期間を経験した身として、働けるありがたさを感じていたところ、また会社が経済的危機に瀕して、職を失うことになるかもしれないリスクを考えると恐ろしく思います。可能な限り働きたいですし、またこんな状況で転職活動をするのも気が進みません。 会社として「まだ決定ではないけれども」という前置きはあるのですが、書類の準備が進んでいる状況から、いつ突然「会社の営業時間を変更します」とか「営業をしばらく休止します」と宣言がなされるか分からないという、覚悟をしなければならなくなってしまいました。 と、そんな状況の中、同僚で疫病感染者が出てしまいました。ワクチン接種済みのスタッフもなるべく早めに検査をするようにとのお達しで、早速会社内の従業員用の迅速テストキットでテストをしました。 一応自覚症状もないですし、キットを利用した検査でも陽性反応は確認出来ませんでした。とりあえずは良かったです。 僕の現在の職場は、従業員数もそう多くない会社です。もしも近日中に労働時間を減らしますと言われても、スタッフ数が少なくなれば、勤務可能なスタッフの負担は増えます。クリスマス休暇を取得している同僚もいて、元々人員配置はそう余裕があるスケジュールではありません。労働時間や給料は減らずに済むのか、一体どうなるのでしょうか。僕としては、今月いっぱいはしっかり働いて多少お金を稼ぎたいところです。 疑問だらけではありますが、国や州からのロックダウン宣言が先か、会社としての判断が先になるか分かりませんが「ロックダウン」という言葉をまた意識しなければならなくなり、今年の冬をどう乗り切るのかが大きな課題となりました。 幸い、先日僕の日課であった「マイル修行」は実質終了致しまして、旅行に出掛ける必要はなくなりました。お金をたくさん使う用事がなくなりましたので、今後はしばらく節約をし、慎ましやかな冬を過ごします。 にほんブログ村

【D】バイエルン州の2G例外規定

疫病感染拡大により、ここのところ連日のように、規制がどんどん厳しくなっていく一方です。昨日より新ルールが適用となりましたが、バイエルン州政府より、早速本日11月17日付けで「例外措置」が追加で発表されました。今回は、「例外措置」について書きます。 内容としては、2Gルールが適用となる飲食店や宿泊施設についてです。12歳以上の子供、学生たちは、定期的に検査を受けることを条件に、飲食店の利用や宿泊施設の利用、スポーツクラブや音楽、劇団活動が認められることとなりました。また、職務上やむを得ない場合の出張に関しても、PCR検査結果(72時間ごとの陰性証明)を提示することで、宿泊施設の利用が可能となりました。 職務上やむを得ない場合、についてドイツ語の原文表現ではこのように表現されています。 Diese Regelung gilt für alle Aufenthalte aus beruflichen oder geschäftlichen Gründen. Es ist aber notwendig, dass der…

【D】ミュンヘンのクリスマスマーケット中止決定へ

バイエルン州政府は昨日11月15日、赤色段階における飲食店及び宿泊施設での2Gルールの適用など、制限措置の強化に関する閣議決定を発表しました。適用は本日11月16日からとなります。今回は、本日から新たに始まる規制についてと、クリスマスマーケットについて書きます。 下記、在ミュンヘン日本国総領事館より、日本語にてまとめた内容をメールで案内くださっていたので、そちらから引用致します。 病院信号システム赤色段階における2Gルールは今後、飲食店及び宿泊施設にも適用される。身体の近さを伴うサービスでは、引き続き3Gプラスルールが適用される。 3Gプラスルール又は2Gルールが義務づけられている場所では今後、対人間隔が遵守されない限り、マスク着用義務が適用される(飲食店では着席するまで)。 事業者及び主催者が2Gプラスルールを採用し、かつ、追加的な迅速検査を要求しない場合、ディスコ、クラブ及びその他類似の余暇施設においても、黄色及び赤色段階においてマスク着用義務が適用される。 病院信号システム黄色及び赤色段階では、ワクチン接種者又は快復者でない高齢者及び介護施設職員は、週に最低2回のPCR検査の陰性証明又は勤務日毎に迅速検査の陰性証明を提示しなければならない。高齢者及び介護施設並びに病院の訪問者は、毎回の訪問時に迅速検査の陰性証明を提示しなければならない。 一般的に、検査の実施はワクチン接種者にとっても追加的な安全性をもたらす。ワクチン接種者も含めすべての市民は、特に脆弱なグループの保護のため、再び無料となった検査の機会を利用することが求められる。(注:バイエルン州ではすべての市民が11月13日より最低週1回の無料迅速検査の権利を有する。) 保育所では、今後週に3回の検査が行われ、赤色段階では固定のグループが再度導入される。 ドイツ語の発表や、上記日本語でまとめてくださっているものを読んでいても非常に曖昧だと感じる表現は、事業所によって採用するルールが異なる余地があるということです。このタイミングでバイエルン州にいらっしゃる方は、ご自身が利用する施設がどのような対応をされるのか、注意が必要です。 特にホテルなど宿泊施設の場合、本日から当面、ワクチン接種者と快復者のみしか宿泊出来ない(既にチェックイン済みの場合でも、近日中に強制的にチェックアウト)とのことです。 僕の職場は厳格な2Gを採用とのことで、基本的にはワクチン接種者と快復者のみと接することとなります。例外は、従業員はワクチン接種を必ずしている必要はなく、疫病の陰性を、継続的に証明しなければならないとのことです。従業員数が10人以下で、あまり人と接するポジションではない人の場合…などと色々と例外があり、結局厳しいのか緩いのか、という状況での勤務環境となります。 マスクに関しては、FFP2マスクのみに限定されます。今後僕の業務として、館内で出会う人がFFP2マスクをしていなければ、強制的に押し売りをするということが追加されました。 ところで、本日付で大変ショッキングなニュースが発表されてしまいました。楽しみにしていたクリスマスマーケットが中止との発表がありました。 ↑先日撮影したYoutube動画です。 ミュンヘンのシンボル・新市庁舎のあるマリエン広場で行われる「Christkindlmarkt(クリストキンドゥル市場)」は、開催までもうあと1週間を切ったというこのタイミングで中止決定です。 尚、私的なクリスマスマーケット風の催しに関しては、各主催者に委ねられるとのことです。イヴェントが催行となり、そちらに参加をする場合は、2Gプラスルールが適用とのことなので、ワクチン接種者、快復者、PCR検査で陰性が証明出来た場合のみ利用可能です。 イヴェントに関しては、今後も変更が予想されます。参加予定の方は十分最新情報にご注意ください。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  312,4…