Schlagwort: 永住権

【Z】規制緩和中のドイツ帰省

世界中で流行中の疫病の影響で、キプロスは事実上の鎖国をしておりましたが、2021年6月!ついに一般旅客向けに空港がオープンとなりました。 今回は、規制緩和中のドイツ帰省について書きます。 僕はドイツ在住者のまま、キプロスに移住致しました。「ドイツ在住者のまま」というのは、僕がドイツ在住時に獲得した「いわゆる永住権」を失効させないようにするため、ドイツに住所を残しておいたり、半年に一度ドイツに行くようにしているのです。 ドイツの「いわゆる永住権」こと、Niederlassungserlaubnisは、ドイツを半年以上離れてしまいますと失効してしまいます。特別な事情等は除かれますし、1日でも経過すると直ちに失効という性質ではないものの、移住後も半年に一度は最低でもドイツに戻るという生活をすることを決めておりました。せっかく取得した権利なので維持する方向です。一度取得したら無条件で永久的に有効ではないので、「いわゆる永住権」と表現しております。 ドイツの「滞在法」という法律に、Niederlassungserlaubnisについての条件が定められてあります。 § 9 Niederlassungserlaubnis (4) Auf die für die Erteilung einer Niederlassungserlaubnis erforderlichen Zeiten des Besitzes einer…

【Z】転職&キプロス移住

前記事では、僕の簡単な自己紹介と、僕がドイツに移住するまでの話を紹介致しました。憧れの国・ドイツでの生活を楽しんでおりましたが、突然のハプニングがあり、キプロスに移住することとなりました。 今回は、キプロス移住・移住後の生活について書きます。 ドイツの某日系企業で勤務しており、大プロジェクトに参加していたのですが、2018年9月、プロジェクト終了後にいきなり解雇されるということになってしまいました。ドイツ国内で仕事を探しましたが、希望の職種がなく、悶々としておりましたところ、人材紹介会社の求人で「金融系・未経験者応募可能」というものを見つけ、応募しました。 正直「キプロス」という国は、国名だけなんとなく聞いたことはあったのですが、大して知りませんでした。調べたところ、常夏の小さな島で、リゾート地としてヨーロッパ人たちの間で人気の島国のようでした。 3ヵ月間のインターンシップ募集とのことだったので、リゾート地でのんびりしながら新しい業界について学べるという、結構気軽な感じで応募してしまいましたが、日本語スタッフ募集ということでありがたいことに採用をいただけました。 キプロスという国はとにかく謎過ぎました(笑)以下は、僕が事前に調べた情報&住み始めて分かったことです。 キプロス共和国 英語ではCyprus(サイプラス) ドイツ語ではZypern(ツィパン) 首都はレフコジア(英語ではニコシア) 国の領土・首都が分断されている。 ギリシャ系とトルコ系の民族が存在し、トルコ系民族の居住地が「通称・北キプロス」である。 「通称・北キプロス」は、トルコ以外からは承認されていない国家である。 通貨はユーロ(一部地域はトルコリラ)である。 イギリス軍駐在、一部イギリス領土がある。 公用語はギリシャ語、英語、一部トルコ語 ヨーロッパ内の税の回避地(いわゆる「オフショア」「タックスヘイヴン」) ヨーロッパと言うよりもむしろ中東! 暑過ぎる! 冬の雨量が異常!…