世界中で流行中の疫病の影響で、キプロスは事実上の鎖国をしておりましたが、2021年6月!ついに一般旅客向けに空港がオープンとなりました。

今回は、規制緩和中のドイツ帰省について書きます。

僕はドイツ在住者のまま、キプロスに移住致しました。「ドイツ在住者のまま」というのは、僕がドイツ在住時に獲得した「いわゆる永住権」を失効させないようにするため、ドイツに住所を残しておいたり、半年に一度ドイツに行くようにしているのです。

ドイツの「いわゆる永住権」こと、Niederlassungserlaubnisは、ドイツを半年以上離れてしまいますと失効してしまいます。特別な事情等は除かれますし、1日でも経過すると直ちに失効という性質ではないものの、移住後も半年に一度は最低でもドイツに戻るという生活をすることを決めておりました。せっかく取得した権利なので維持する方向です。一度取得したら無条件で永久的に有効ではないので、「いわゆる永住権」と表現しております。

ドイツの「滞在法」という法律に、Niederlassungserlaubnisについての条件が定められてあります。

§ 9 Niederlassungserlaubnis

(4) Auf die für die Erteilung einer Niederlassungserlaubnis erforderlichen Zeiten des Besitzes einer Aufenthaltserlaubnis werden folgende Zeiten angerechnet:
1. die Zeit des früheren Besitzes einer Aufenthaltserlaubnis oder Niederlassungserlaubnis, wenn der Ausländer zum Zeitpunkt seiner Ausreise im Besitz einer Niederlassungserlaubnis war, abzüglich der Zeit der dazwischen liegenden Aufenthalte außerhalb des Bundesgebiets, die zum Erlöschen der Niederlassungserlaubnis führten; angerechnet werden höchstens vier Jahre,
2. höchstens sechs Monate für jeden Aufenthalt außerhalb des Bundesgebiets, der nicht zum Erlöschen der Aufenthaltserlaubnis führte,
3. die Zeit eines rechtmäßigen Aufenthalts zum Zweck des Studiums oder der Berufsausbildung im Bundesgebiet zur Hälfte.
Das Aufenthaltsgesetz Paragraph 9 Absatz 4 Satz 2

キプロスのメイン空港であるラルナカ空港(LCA)から、ドイツへの直行便はあまり多くありませんし、僕のスケジュールが合わず、経由便を選ぶ必要がありました。

キプロスはシェンゲン協定加盟国ではないので、旅行する度に毎度国境審査があります。「ドイツにいたことを証明する」には、ドイツのスタンプを貰うのが簡単な方法です。シェンゲン協定加盟国のスタンプをドイツ以外の国で貰ってしまったら、ドイツに滞在していた証明がやや面倒になると思い、シェンゲン協定加盟国以外の経由地を探しました。
探してみたところ、航空券代金も安く、僕が望む方法が叶えられるということで、ブルガリア・ソフィア空港(SOF)経由で向かう方法に致しました。予定の大体1週間前程度にブルガリア航空(FB)の航空券を購入致しました。
ブルガリアは、当時数少ない「カテゴリーA(低リスク)」の国でした。安心していたところ、旅行の3日前になっていきなり「カテゴリーB(中リスク)」に変更される旨が発表されてしまいました。
旅行当日、一応は飛行機には搭乗出来ましたが、ブルガリア到着時にエライ目に遭いました。
僕がキプロスでのVISAのカードを持っていないことを理由に、入国拒否されてしまいました。さらに、接続便があるので「空港からは出ないように」ということで、密室に閉じ込められてしまったのです!
キプロスのVISAは、有効期限が短い上に、カード発行まで時間が掛かり過ぎるのです。会社の担当者からの説明では、「昨今の疫病の影響で」とのことでしたが、僕が移住したての最初の年(2019年)は、疫病は流行していなかったけれども遅かったです。つまり、疫病の影響はあまり関係なく時間が掛かるのですが、今年は役所の仕事が遅いことを正当化する材料が出来てしまった状態です。
ドイツのVISAカードはどんなに遅くとも1ヵ月以内には手元に届くのに、キプロスでは半年以上は普通のようです。VISAカードが手元にないことで、酷い目に遭ってしまいました。
僕の中では「ブルガリア事件」と名付けました。
↑「ブルガリア事件」動画です。
色々ありましたが、ベルリンに到着後は、久々のドイツに到着出来た喜びでいっぱいでした。
そして、どうにか6ヵ月を超えてしまうことなくドイツに戻れたので、非常に安心出来ました。
道中たくさんのアクシデントに見舞われたものの、無事に目標も達成出来ましたし、思い出深い旅となりました。

Von Koishi