ドイツからキプロスに移住し、少々ギリシャ語の勉強を致しました。ギリシャ語についてはずっと前から興味はあったものの、なかなか勉強する機会がなかったのですが、ギリシャ語が話されている島に移住したので、勉強してみようと思い、クラスに申し込みました。

今回は、「キプロスでのギリシャ語」について書きます。

キプロスでは、外国人向けに無料ギリシャ語講座が開催されているという噂を聞き、同僚たちから情報を集めて調べたところ、残念ながら「以前は存在したが現在はもうない」ということでした。また同僚たちからは、キプロスではイギリスの影響を受けており、一応英語も公用語であるため、ギリシャ語をわざわざ学ばなくても、十分外国人は生きて行けるということで、ギリシャ語って実はそんなに必要ではないと思われがちなようでした。実際、ギリシャ語を習おうとしている人もそう多くないようで、勉強したければプライヴェートの語学学校に行く感じのようでした。

僕の場合は、偶然自宅近くの、市役所の建物内で行われている格安の語学コースを見つけたので参加しました。

レメソス・アイオスアサナシオス「Agios Athanasios OPEN SCHOOL」

URL:http://www.openschoolcy.com/lessons/

一応、語学レヴェルでは、初心者クラスA1から初級クラスA2までを受講しました。B1クラス以上は人数が集まらなかったため、開講されず残念ではありましたが、十分に会話は出来ないけれども、なんとなく理解が出来る程度のレヴェルにて終了致しました。

ギリシャ語が少々分かるようになって来て、ギリシャにも遊びに行きましたが、ギリシャ人とギリシャ系キプロス人のギリシャ語ってかなり違うということに気付きます。 方言と言うか、時には別言語レヴェルと言える程の違いがあります。キプロス人が話すギリシャ語は、古代ヘレニック語、キプリアカ(Κυπριακά)と呼ばれ、現代ギリシャ人たちが使用しない言葉があるようです。

☆☆☆面白い方言⁈☆☆☆

  • δαμέ: ここ、ここに
  • τζαμέ: あそこ、あそこに
  • άντε: おいおい!おやまぁ!(リアクションとしての意味多数)
  • ρέ: やぁ!おい!(強めに言う場合)こら!(語尾に付けると)~だよ。

「ここ、ここに」という意味の単語の発音が「だめー」なのが面白く、「だめーだめー」と言いまくりました。

アジア人の見た目をした僕が方言を話すことについて、喜ばれる場合と、「標準ギリシャ語ではεκεί ですよ」と教えられたり、(ギリシャ人に)言い直させられることもありましたが、日本人にとっては珍しいギリシャ語の、さらに方言が学べて貴重でした。

 

↑ギリシャ語(キプロス方言)の一部を紹介しています。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

Von Koishi