Kategorie: Leben

【D】実質のロックダウン

ここのところ、新種の出現でまた世界中で疫病の急拡大が心配されております。今回は、僕の身に個人的に起こりそうなことについて書きます。 僕の現在の勤務先では、目下2Gルール(従業員は3Gルール)が適用されています。新種の出現が騒がれる少し前の、先月中旬頃から売上額が一気に下がってしまいました。元々冬はそう忙しくはないと言われてはいましたが、厳しいルールの適用で、本当に寂しい雰囲気になってしまいました。会社に出社しても「やることがない」「でもそこにいなければならない」という状況です。 幸い、現在の職場の上司や先輩は、最低限の業務内容をこなしてくれれば、業務時間中暇な時は好きなことをしてくれても構わないと言ってくださる方々です。僕はと言いますと、気が付いたらネットサーフィンをしてしまっている癖を矯正すべく、ドイツ語の勉強本を持ち歩いては、通勤中や職場で読むようにすることにしています。 上司や同僚たちとの人間関係も良く、勤務時間中に勉強が出来るなんて!夢のような職場環境…なのですが、世の中そんなに甘くはありません。あまりにも急激に売上げが下がったことにより、業務時間の変更の案内がありました。 「Kurzarbeitergeld」の申請をするので、書類にサインをしてくださいとの案内が社内でありました。これはつまり、現在僕はVollzeit(フルタイム)契約で週40時間勤務のところを、大幅にカットされることを意味しています。 目下疫病蔓延の影響で、業務の継続が難しくなった企業、その従業員に対して行われる社会保障の一部で、2022年3月までの申請が認められています。今後さらに期間延長になる可能性もありますが、僕の1ヵ月当たりの収入は、給与額の60%になる見込みです。 この件について、昨年既に同様のことを経験した同僚たちの間では「働かなくてもこの金額が貰える!」と喜ぶ人と、仕事がなくなり、自宅待機になる時間が増えるのが嫌だという人に分かれます。僕はと言いますと、長い無職期間を経験した身として、働けるありがたさを感じていたところ、また会社が経済的危機に瀕して、職を失うことになるかもしれないリスクを考えると恐ろしく思います。可能な限り働きたいですし、またこんな状況で転職活動をするのも気が進みません。 会社として「まだ決定ではないけれども」という前置きはあるのですが、書類の準備が進んでいる状況から、いつ突然「会社の営業時間を変更します」とか「営業をしばらく休止します」と宣言がなされるか分からないという、覚悟をしなければならなくなってしまいました。 と、そんな状況の中、同僚で疫病感染者が出てしまいました。ワクチン接種済みのスタッフもなるべく早めに検査をするようにとのお達しで、早速会社内の従業員用の迅速テストキットでテストをしました。 一応自覚症状もないですし、キットを利用した検査でも陽性反応は確認出来ませんでした。とりあえずは良かったです。 僕の現在の職場は、従業員数もそう多くない会社です。もしも近日中に労働時間を減らしますと言われても、スタッフ数が少なくなれば、勤務可能なスタッフの負担は増えます。クリスマス休暇を取得している同僚もいて、元々人員配置はそう余裕があるスケジュールではありません。労働時間や給料は減らずに済むのか、一体どうなるのでしょうか。僕としては、今月いっぱいはしっかり働いて多少お金を稼ぎたいところです。 疑問だらけではありますが、国や州からのロックダウン宣言が先か、会社としての判断が先になるか分かりませんが「ロックダウン」という言葉をまた意識しなければならなくなり、今年の冬をどう乗り切るのかが大きな課題となりました。 幸い、先日僕の日課であった「マイル修行」は実質終了致しまして、旅行に出掛ける必要はなくなりました。お金をたくさん使う用事がなくなりましたので、今後はしばらく節約をし、慎ましやかな冬を過ごします。 にほんブログ村

【D】アルゴイスキー場開き

いよいよ今週末より、ドイツ南部のアルゴイ(Allgäu) エリアではスキー場開きとなります。今回は、スキー情報について書きます。 今週金曜日(12月5日)より、いよいよドイツではウィンタースポーツの季節が始まります。営業開始予定のゲレンデ及びリフトサーヴィス等は下記の通りです。 Söllereckbahn bei Oberstdorf Schwärzenlifte in Eschach Grasgehren in Obermaiselstein また、その翌日(12月6日)より Hörnerbahn in Bolsterlang も冬季営業を開始する見込みです。 Jungholz Kanzelwand エリアについては、目下、翌週以降順次営業開始見込みとのことです。…

【D】バイエルン州一部地域でロックダウンへ

ここのところ連日、疫病の感染拡大の影響で、新たな規制措置が発表され続けています。今回は、新たにバイエルン州で発表された措置について書きます。 報道各社が報じるニュースの見出しでは、非常にショッキングな単語が並んでいます。恐れていた「ロックダウン」という単語がまた多く見られるようになりました。バイエルン州では、7日間指数と呼ばれる罹患率が1000を超える地域「Extreme Corona-Hotspots(極端なコロナホットスポット)」に関しては「ロックダウン」が発表されました。 発表では「これらの地域では全て閉鎖されます」とのことですが、託児所や学校、小売店、福祉施設は例外とされています。小売店は、20平米に1名のみの入店が許可されるそうです。その他の飲食店や宿泊施設、理髪店・美容室のような身体的な距離が近いサーヴィス業、スポーツ施設などは全て閉鎖されます。 今回の発表が行われたロックダウンは来月、12月15日まで実施されます。 その他のバイエルン州の地域では、来週の11月24日より3週間、下記の措置が有効となります。 ワクチン未接種者の接触制限 ナイトクラブ・バー・飲み屋などの営業停止 飲食店の夜間営業禁止(22時まで) 基本的には2Gルール適用(会社の従業員就業、小売店などの3Gルール例外適用有り) 託児所・学校授業についてはこれまで通り継続 尚、クリスマスマーケットに関しては、バイエルン州全体として正式に中止が発表されました。 ミュンヘンの一番のシンボルとも言える「マリエン広場のクリストキンドゥルマーケット」は、先日既に中止発表がなされていました。その他の街のマーケットについては、一部開催がなされる予定のものもありましたが、残念ながら今年2021年のクリスマスマーケットは、開催されないこととなってしまいました。 ミュンヘンの近郊の街でいくつか開催予定のところがあり、僕はそこへ行くつもりで色々調べていたのですが…そちらも本日付で中止発表がなされてしまいました。非常に残念ではありますが、本格的なロックダウンとならぬよう、今後状況がさらに悪化しないことを願うばかりです。 ところで本日、スーパーマーケットで買い物をした際、Glühwein(ホットワイン)用のワインが売られているのを見つけましたので、購入致しました。本当は外の寒空の中で屋台で飲むのが好きでしたが、今年は大人しく1人で自宅で楽しむことと致します。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  340,7 バイエルン州  625,3…

【D】バイエルン州の2G例外規定

疫病感染拡大により、ここのところ連日のように、規制がどんどん厳しくなっていく一方です。昨日より新ルールが適用となりましたが、バイエルン州政府より、早速本日11月17日付けで「例外措置」が追加で発表されました。今回は、「例外措置」について書きます。 内容としては、2Gルールが適用となる飲食店や宿泊施設についてです。12歳以上の子供、学生たちは、定期的に検査を受けることを条件に、飲食店の利用や宿泊施設の利用、スポーツクラブや音楽、劇団活動が認められることとなりました。また、職務上やむを得ない場合の出張に関しても、PCR検査結果(72時間ごとの陰性証明)を提示することで、宿泊施設の利用が可能となりました。 職務上やむを得ない場合、についてドイツ語の原文表現ではこのように表現されています。 Diese Regelung gilt für alle Aufenthalte aus beruflichen oder geschäftlichen Gründen. Es ist aber notwendig, dass der…

【D】ミュンヘンのクリスマスマーケット中止決定へ

バイエルン州政府は昨日11月15日、赤色段階における飲食店及び宿泊施設での2Gルールの適用など、制限措置の強化に関する閣議決定を発表しました。適用は本日11月16日からとなります。今回は、本日から新たに始まる規制についてと、クリスマスマーケットについて書きます。 下記、在ミュンヘン日本国総領事館より、日本語にてまとめた内容をメールで案内くださっていたので、そちらから引用致します。 病院信号システム赤色段階における2Gルールは今後、飲食店及び宿泊施設にも適用される。身体の近さを伴うサービスでは、引き続き3Gプラスルールが適用される。 3Gプラスルール又は2Gルールが義務づけられている場所では今後、対人間隔が遵守されない限り、マスク着用義務が適用される(飲食店では着席するまで)。 事業者及び主催者が2Gプラスルールを採用し、かつ、追加的な迅速検査を要求しない場合、ディスコ、クラブ及びその他類似の余暇施設においても、黄色及び赤色段階においてマスク着用義務が適用される。 病院信号システム黄色及び赤色段階では、ワクチン接種者又は快復者でない高齢者及び介護施設職員は、週に最低2回のPCR検査の陰性証明又は勤務日毎に迅速検査の陰性証明を提示しなければならない。高齢者及び介護施設並びに病院の訪問者は、毎回の訪問時に迅速検査の陰性証明を提示しなければならない。 一般的に、検査の実施はワクチン接種者にとっても追加的な安全性をもたらす。ワクチン接種者も含めすべての市民は、特に脆弱なグループの保護のため、再び無料となった検査の機会を利用することが求められる。(注:バイエルン州ではすべての市民が11月13日より最低週1回の無料迅速検査の権利を有する。) 保育所では、今後週に3回の検査が行われ、赤色段階では固定のグループが再度導入される。 ドイツ語の発表や、上記日本語でまとめてくださっているものを読んでいても非常に曖昧だと感じる表現は、事業所によって採用するルールが異なる余地があるということです。このタイミングでバイエルン州にいらっしゃる方は、ご自身が利用する施設がどのような対応をされるのか、注意が必要です。 特にホテルなど宿泊施設の場合、本日から当面、ワクチン接種者と快復者のみしか宿泊出来ない(既にチェックイン済みの場合でも、近日中に強制的にチェックアウト)とのことです。 僕の職場は厳格な2Gを採用とのことで、基本的にはワクチン接種者と快復者のみと接することとなります。例外は、従業員はワクチン接種を必ずしている必要はなく、疫病の陰性を、継続的に証明しなければならないとのことです。従業員数が10人以下で、あまり人と接するポジションではない人の場合…などと色々と例外があり、結局厳しいのか緩いのか、という状況での勤務環境となります。 マスクに関しては、FFP2マスクのみに限定されます。今後僕の業務として、館内で出会う人がFFP2マスクをしていなければ、強制的に押し売りをするということが追加されました。 ところで、本日付で大変ショッキングなニュースが発表されてしまいました。楽しみにしていたクリスマスマーケットが中止との発表がありました。 ↑先日撮影したYoutube動画です。 ミュンヘンのシンボル・新市庁舎のあるマリエン広場で行われる「Christkindlmarkt(クリストキンドゥル市場)」は、開催までもうあと1週間を切ったというこのタイミングで中止決定です。 尚、私的なクリスマスマーケット風の催しに関しては、各主催者に委ねられるとのことです。イヴェントが催行となり、そちらに参加をする場合は、2Gプラスルールが適用とのことなので、ワクチン接種者、快復者、PCR検査で陰性が証明出来た場合のみ利用可能です。 イヴェントに関しては、今後も変更が予想されます。参加予定の方は十分最新情報にご注意ください。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  312,4…

【D】簡易風邪対策

ここのところ、風邪の引き始めかなと思うような症状が続いておりました。今回は、風邪の諸症状対策について書きます。 久々に風邪を引いてしまったかもしれません。一応原因と思われることはありましたが、しばらく鼻水が少々垂れる程度だったので放置しておりました。日が経つにつれてどんどん症状が悪化して行ったので、薬局にて薬を購入致しました。 ドイツでは、鼻水が垂れる場合はやたらとスプレーを勧められます。スプレーで鼻の穴の中を洗浄するのですが、正直あまり効いているのかどうか分かりづらい気がしました。案の定、今回もスプレーを推奨されたので、錠剤はありますかと尋ねてみました。 ドイツに住み始めて以降、風邪薬を購入するのは今回初めてでした。商品を見てみると、面白いことに、朝用・昼用・午後用・夜用と4種類に分かれているようでした。錠剤の見た目は「朝用・昼用・午後用」と「夜用」の2種類のようにも見えますが、きっちり時間通りに飲めるようにパッケージングされています。 「夜用は夜以外に絶対に服用しないように」と書かれてありました。僕は、薬を買った日が夜勤明けの昼夜逆転状態で、帰宅後はすぐに寝たかったので、朝から夜用の錠剤を服用しました(爆) すると、考えられないくらい熟睡、大爆睡でした。これは確かに、普通の人は夜しか飲んではいけないだろうな、という効き目でした。薬に関しては、ヨーロッパで販売されているものは日本人には強過ぎて効き過ぎることがあると言われています。実際錠剤も半分に割れるようになっているので、初めて服用する薬に関しては、自分の体質に合うかどうかの確認も含めて、注意が必要です。 僕の場合は、きっと夜用錠剤は睡眠効果が強いんだろうなと想像した上で、夜勤明けで翌日仕事が休みという状態だったので、しっかり寝るべく!ためらいなく飲み込みました。 久々に長くゆっくり寝ることが出来たこともあってか、起きた瞬間には体の調子が少々良くなった気がしました。 風邪には色々な種類があると言われています。僕の場合は、風邪の引き始めはいつも鼻水が垂れ、その後のどがやられ、咳が出たり発熱という順番です。子供の頃からずっとこのパターンです。鼻水が垂れる程度のところで抑え込むことが出来れば、かなり理想的です。 今回は最初に少々咳が出る症状が来ました。現在流行中の疫病かもしれないという疑いがありましたが、検査を受けたところ問題はありませんでした。 現に、僕の職場の同僚でも疫病に感染した人がいたり、お客さんから感染者が見つかったり、疫病はもうすぐそばに歩み寄って来ている感覚があります。僕が暮らすバイエルン州では、つい先日に疫病に関する警戒度合いが大幅に引き上げられたばかりです。気温が一気に下がり、体調を崩しやすい時期に差し掛かりましたし、健康には十分気を付けなければなりませんね。 今回は、咳から始まり、その後鼻水が激しく垂れる症状、それが治まってくれたと思ったら、喉の奥になにやら詰まっているような症状がやって来ました。痰がごっそり出てくれればスッキリするのですが、喉の奥に何かがあって、声を発するとガサガサな声になるような状態が続きました。 そこで、近所のdmにて、お茶を購入致しました。 このお茶は、以前頂きもので試したことがある商品でした。葉の香り、味が良く、飲んだ後喉がスッキリした感覚がありましたので、今回即購入し、ちょっと濃いめに作ってみました。 個人的にこのお茶の葉の香りが好きで、連続で濃いめのものをたっぷり飲みました。すると、まだ完治している感じではなさそうですが、だいぶ楽になりました。個人的に、咳や喉の奥に違和感がある方には是非試して頂きたいお茶です。 ここのところ、現在流行中の疫病と風邪の類似点や相違点についてまとめた情報に多く触れることがありました。実際自分の症状は果たして風邪なのだろうか、という心配はあります。現状、どうにか回復の方向には向かっている状況です。 ドイツでは今週から、全国的に疫病の簡易テストが無料となるようです。一時期は有料になりましたが、また無料になるとのことです。ワクチン接種をしたとしても罹患するリスクは高いようなので、自分自身も健康に気を付けつつ、さらに定期的にテストを受けて自分自身の状況を確認するようにします。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  303,0…

【D】2021年クリスマスマーケット開催か⁈

ここのところ、ドイツ国内の疫病の感染者数が急激に増えたことが問題となっております。つい先日も、警戒レヴェルが大幅に引き上げられてしまいました。ドイツと言えば、冬のイヴェント「クリスマスマーケット」が有名で、観光の目玉ともなっています。今回は、現在の疫病の状況とクリスマスマーケットの開催状況について書きます。 僕が現在暮らしているバイエルン州では、今年2021年9月末日の時点で、クリスマスマーケットの開催が決定されました。その当時は疫病拡大もついに終息を迎えるか、と思われるほどに状況は良好でした。「疫病に対する制限が撤廃された状態で開催が可能になるかもしれない」とまで言われており、多くの人々が大いに期待したことでしょう。他の都市も次々と開催決定の発表があり、インターネット上でも喜びの声が溢れていました。 昨年2020年度中は、国内の多くのクリスマスマーケットが開催されず、今年こそはと大きな期待があった分、開催を控えたこの時期に疫病の急な再拡大に、クリスマスマーケットは果たして行われるのか疑問に思われ始めました。「それでも今年こそは開催する!」と宣言している自治体もありますが、実際残念なことに、今の時点で早くも、既に今年のクリスマスが開催されないと決定した自治体が現れ始めました。ザールラント州のWadgassen(ヴァートガッセ)は、開催中止を一番最初に発表した自治体であると報じられました。その他、バイエルン州のLindau(リンダウ)やRosenheim(ローゼンハイム)なども開催中止が既に決定しています。 バイエルン州の大都市・ミュンヘンは、今のところ開催予定であることは変わりませんが、どのように開催されるのか今後も情報に注意する必要がありそうです。当初は、制限を設けずに開催が可能となるかと言われていましたが、もはやこの状況ではそれは不可能です。屋外のマーケットではあるものの、マスク着用義務を設定したり、2Gルールを適用するのか、もしくは3Gルールを適用するのかが議論されています。 目下、ミュンヘンのクリスマスマーケットは11月22日の17時にオープンし、12月24日(屋台は12月23日)まで開催されると言われています。 ミュンヘン市内のシンボル「マリエン広場」の新市庁舎前には、11月3日に27メートルの巨大なクリスマスツリーが設置されました。既に照明は取り付けられているようですので、ツリーに光が灯る日が待ち遠しいです。 ある程度の制限があるにしても、どうにか開催されるとのことでしたら、僕にとって「ドイツに戻って以来初」、久々のドイツのクリスマスマーケットを楽しみたいものです。 ☆☆☆直近7日間指数☆☆☆ ドイツ全体  263,7 バイエルン州  454,9 ※ロベルトコッホ研究所発表情報を参照(2021年11月12日)  

【D】バイエルン州のさらなる規制強化

つい先日、バイエルン州の疫病対策の規制が1段階引き上がったばかりですが、また新たに規制が厳格化されることとなりました。今回は、新たな規制について書きます。 バイエルン州では、疫病患者の病床使用率を信号に例え「Stufe Grün(段階・緑)」「Stufe Gelb(段階・黄色)」「Stufe Rot(段階・赤)」と3段階で表されています。この度、2021年11月9日より黄色から赤の段階へ移行するという発表がありました。 赤の段階の基準は、 州全体で600以上の集中治療室ベッドが使用される場合 とされています。 これまで「3Gルール」により入場・参加が認められていた施設や行事については「2Gルール」が適用されることとなります。飲食店や宿泊施設、身体の近さを伴うサーヴィス業については例外として「3Gプラスルール」が認められるとのことです。 「3Gプラスルール」とは、 Geimpft(ワクチン接種済み) Genesen(快復済み) Getestet(検査済み) のうち「Getestet(検査済み)」のテストの種類がPCR検査である必要がある場合です。「迅速検査」は認められないので注意が必要です。 迅速検査が認められる場合は、従来通り「3Gルール」と呼ばれ「3Gプラスルール」とは区別がなされています。 大学や職業訓練、継続教育等の学校外教育施設、図書館及び公文書館では「3Gルール」が適用される、とのことです。 実はつい先日、勉強のため図書館の会員になって参りました。「さぁ図書館にたくさん通うぞ!」と思った矢先に赤の段階になってしまって驚いていますが、健康に気を付けながら勉強を頑張って行きます!  

【D】バイエルン州の規制強化

ここのところずっと規制緩和のムードが続いており、特に気にしておりませんでしたが、現在流行中の疫病に関する規制について動きがありました。今回は、バイエルン州での規制内容について書きます。 バイエルン州では、疫病患者の病床使用率を信号に例え「Stufe Grün(段階・緑)」「Stufe Gelb(段階・黄色)」「Stufe Rot(段階・赤)」と3段階で表されています。この度、2021年11月6日より緑から黄色の段階へ移行するという発表がありました。 黄色の段階の基準は、 州全体で過去7日間に1200人以上の患者が入院する場合 または、州全体で450以上の集中治療室ベッドが使用される場合 とされています。上記2点のいずれかが州保健省に認められた場合に、その翌日から規制がなされることとなっております。 ドイツではワクチン接種者を増やすことを急いでおり、これまで「3Gルール」と言われていた、 Geimpft(ワクチン接種済み) Genesen(快復済み) Getestet(検査済み) を「2Gルール(Getestet・検査済みを除いたもの)」に制限する議論がなされています。無料であった迅速検査が有料となったり、ワクチン接種に関する事実上の強制に当たるとの批判もあり、実際は「3Gルール」が広く認められる状況です。 黄色の段階では、クラブやディスコ、売春施設等の「余暇施設」については「2Gルール」が適用されるとのことです。飲食店の利用や一般的な買い物については特に変わりはありませんが、黄色の段階より、マスクの種類の標準が変更となります。 薄くて軽く、安価なOPマスクから、分厚いFFP2マスクへ標準が変更となります。FFP2マスクについては、OPマスクと比較すると値段は高いですが、以前販売されていた価格よりだいぶ安価で購入出来るようになった印象です。 本日の段階で早速、近所のスーパーマーケットでは、マスクに関するアナウンスがなされていました。FFP2マスク着用を呼び掛けています。 冬が近づき寒くなって来ると、また感染者数が増えるのではと以前から予測されていました。ここで規制が強化されるとあり、ますます気を引き締める必要が出て参りました。 日本から購入して来たマスクの箱はまだ手付かずの新品のまま、またFFP2マスク生活を始めます。  …

【D】ミュンヘン動物園

久々に趣味である動物園巡りを楽しんで参りました。今回は、ミュンヘン動物園について書きます。 まず施設の正式名称はTierpark Hellabrunnと言い、「ヘラブルン動物公園」と訳すのが正しいかと思われますが、敢えてここでは分かりやすく「ミュンヘン動物園」とさせていただきます。他にミュンヘン市内に動物園はありませんし、ドイツ語でMünchner Zooと検索すると、Tierpark Hellabrunnの情報にたどり着くからです。 まず行き方は、地下鉄U3番の路線で「Thalkirchen」という駅で下車、その後動物園の案内表示に従って道なりに進むと動物園の入り口が見えて来ます。 入場料は、大人が15ユーロでした。 非常に広大な施設で、実に40ヘクタールあるそうです。日本人の間でよく言われる表現に例えると「東京ドーム8,5個分」に相当します。東京ドームが約4,7ヘクタールらしいので…。僕は関西人ですし、いつも「東京ドーム〇個分」という言い方はぴんと来ませんが、何となく大きさは伝わりましたでしょうか(笑) ドイツの動物園は、非常に広いことが特徴的です。また、動物を鑑賞する施設が独特で、距離が近くに感じられるような造りになっています。場所によっては、柵があまり高く頑丈な感じではなく、動物が脱走出来てしまうのでは…と一部冷や冷やしてしまうところもあります。しかしそれでも、動物たちが広大な敷地内で、まるで自然に暮らしているようにも見えて、十分な見応えがあります。 今回は、僕がミュンヘンに移住後初めてこの施設を訪れた訳なのですが、確かめたいことがありました。それは、僕の最も気に入っている動物「カバ」についてです。 現在のカバの様子 今後について を実際に見たかったのでした。 インターネット上で調べますと、数年前の古い情報のみのようでした。かつていたカバの写真、現在はもうそのカバは亡くなっていて、この動物園にはカバはいない、などの情報を得ることが出来ました。 2018年6月、ミュンヘン動物園公式の記事で「新しいカバにはもう会った?」というものがあり、すぐに詳細を確認しました。 なんと「新しいカバ」とは、木製のカバのオブジェのことでした。 結局、2021年11月現在、ミュンヘン動物園にはカバはいません。しかし、この木製のカバが気になったので、どんな感じなのかを見に行ったのでした。 僕の率直な感想は「う~ん…」です。この「う~ん…」の感情・読み方はご想像にお任せ致します(笑)実際個人的には、オブジェでもカバの存在が確認出来たことは喜ばしい限りでした。出来れば本物に会いたかったものですけれど。 僕がインターネット上で見かけたカバについての情報は、木製オブジェについてだけではありません。 なんと、ミュンヘン動物園では新たに温室施設を建設中とのことで、そこに小型の「コビトカバ」がやって来るそうなのです。…