Schlagwort: イスラエル

【D】オミクロン出現!旅行の見通し

目下流行中の疫病の、新たな変異種がつい先日発見されたことで、世界中に激震が走りました。今回は、現在の時点で報道されている情報のまとめと今後の見通し(僕の私見)について書きます。 新たな変異種が見つかる度に、ギリシャ文字のアルファベットが名称として当てられますが、つい先日見つかりました、主にアフリカで発見された種類は「オミクロン」と名付けられています。世界を震撼させたインド型「デルタ」よりもさらに強力な感染力があると伝えられています。既にヨーロッパでもオミクロン感染者が発見されているそうです。現在の時点で既にオミクロン感染者の存在が報告されている国は、下記の通りです。 南アフリカ ボツワナ イスラエル 香港 オーストラリア ベルギー(欧州最初に発見) イギリス イタリア オーストリア オランダ チェコ デンマーク ドイツ 欧州内では、オランダ国内が最も件数が多く、南アフリカからの到着便搭乗者61名が疫病に感染していたことが報告されました。検査の結果、61名のうち13名がオミクロン感染者だったとのことです。 早速このオミクロンの感染拡大に対応すべく、外国人の入国をいち早く禁止することにしたのがイスラエルです。そしてイギリスも続き、南アフリカとの航空便を制限することを発表しました。 この度の日本の対応は非常に早く、既に外国人の入国を制限するとの発表がありました。その他隔離措置に関しても、昨年と比べより厳格なルールが適用されるそうです。 昨年に関しては、僕自身が日本に渡航致しまして、かなりの「ザル状態」を目の当たりにしたので、今年の対応は随分早く、非常に素晴らしいと感じております。 一方のヨーロッパはと言いますと、多くの国の政府が国民に対してワクチン接種を急がせてはいるものの、なかなか接種率が上がらない状況が続いています。先日オーストリアが来年の2022年2月よりワクチン接種を義務化すると発表、かなりの物議を醸し、各地で大規模なデモが起こりました。…

【D】祝!ゴールド会員達成!

先日、エーゲ航空のゴールド会員資格を取得すべく、強引に旅行して参りました。今回は、「エーゲ航空・ゴールド会員」について書きます。 以前の記事で書きました通り、エーゲ航空から謎の対応をされ、今年ゴールド会員になることは難しいかと思われましたが、無事にゴールド会員になることが出来ました! 旅行後に会員ページにログインすると、ゴールド会員になれたことが確認出来ました。エーゲ航空のホームページのデザインが大きく変わったようです。 しかし本日、実際に僕の手元に届いたカードは、旧デザインのものでした。恐らくタイミングが少々ずれていたら、新デザインのものだったかもしれません。カードコレクターとして、異なるデザインのものが手に入り、しかも新デザインに切り替わる間際で手に入れることが出来て嬉しい限りです。 さて、ゴールド会員になればどのような特典があるかと言いますと、自社便(エーゲ航空やオリンピック航空)利用時は、 獲得マイレージ数が20%増 前方座席指定料金が50%割引 ビジネスクラスアップグレードクーポン4回分付与 上級会員ホットライン利用資格 出発48時間前までの座席確約 などの特典が受けられるようになります。また、エーゲ航空は「スターアライアンス」の一員でもあるので、エーゲ航空以外のスターアライアンス系の航空会社の利用時にも、空港ラウンジが利用出来たり、預け荷物の重量に関して優遇を受けられます。 ただし、エーゲ航空のゴールド会員は「スターアライアンスゴールド」という地位が必ずしも約束されているわけではないようで、北欧などの一部の空港で「スターアライアンスゴールド会員向けラウンジ」が利用出来ないことがあるそうです。共通のサーヴィスが受けられるかと思いきや、そうではないようですので、注意が必要です。 スターアライアンス系航空会社の中で、「最もゴールド会員になりやすい」と言われているエーゲ航空ですが、僕自身もいくつかの航空会社の会員になり試した結果、確かにその通りだと言えそうです。 ゴールド会員になるためには、基準となる1年間の期間(人によって異なります)の間に、24000ステータスマイルを獲得する必要があります。24000ステータスマイルと言うと、格安運賃などを利用する場合は、ポイント積算率が下がってしまうので、例えば欧州~日本間往復を3~4回行っても足りないことがあります。長距離のフライトで格安航空券を利用しない場合、例え同じエコノミークラスの座席だったとしても、ポイント獲得のためだけにかなりの出費をすることになってしまいます。 しかし実は、エーゲ航空のゴールド会員になる方法はもう1つあります。同様に基準となる1年間の間に、エーゲ航空もしくはオリンピック航空の運航便に少なくとも4回搭乗の上、12000ステータスマイルを集める方法です。こちらの条件だと非常に簡単で、年間2回、もしくは乗継便を利用して1回、ギリシャ方面に行けば、ハードルがかなり下がるということになります。 さらに、ギリシャ~キプロス間やキプロス~イスラエル間のビジネスクラスが非常に安い価格帯で設定されていることが多く、それらの路線で安い航空券を購入することが出来れば、ゴールド会員には、比較的低予算で簡単になることが出来そうです。ビジネスクラスは、あくまで「国際線」が狙い目です。離島などのギリシャ国内線区間はポイント積算率が下がるので、あまり推奨致しません。 ヨーロッパ在住者にとっては、ギリシャ発着の便を年に数回利用することが出来れば、比較的簡単にゴールド会員になることが出来ます。ゴールド会員になった後は、スターアライアンス系航空会社利用時に、快適な旅を楽しむことが可能となります。 僕はこれまで、メインでスカイチーム系航空会社のマイル修行・ステータス修行を行っておりましたので、今後スターアライアンス系航空会社が就航している場所へ旅行しやすくなりました。スカイチーム系マイル修行のためになかなか行くことが出来なかった、敢えて行かなかった都市へ、今後はどんどん繰り出して行きます。 ↑記念撮影(顔面加工済み自撮り) にほんブログ村…

【J】日本入国時の新たな水際対策強化措置

つい先日、日本入国時の新たな水際対策措置についての発表があり、日本時間の令和3年(2021)年3月5日午前0時より適用開始となりました。昨年12月に僕が日本に入国した頃と大きく異なっている点について紹介致します。 厚生労働省のHPには、まず下記のような記述がなされてあります。 海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)加えて、海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について誓約いただくことになりますが、「誓約書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。また、誓約に違反した場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となり得るほか、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。 <検査証明について>検査方法については、「核酸増幅検査(Nucleic Acid Amplification Test)のPCR(polymerase chain reaction)法、LAMP(Loop-mediated isothermal amplification )法、TMA(Transcription Mediated Amplification)法、TRC(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)法、Smart Amp(Smart Amplification procecc)法、NEAR(Nicking…