Schlagwort: FFP2

【D】バイエルン州の規制強化

ここのところずっと規制緩和のムードが続いており、特に気にしておりませんでしたが、現在流行中の疫病に関する規制について動きがありました。今回は、バイエルン州での規制内容について書きます。 バイエルン州では、疫病患者の病床使用率を信号に例え「Stufe Grün(段階・緑)」「Stufe Gelb(段階・黄色)」「Stufe Rot(段階・赤)」と3段階で表されています。この度、2021年11月6日より緑から黄色の段階へ移行するという発表がありました。 黄色の段階の基準は、 州全体で過去7日間に1200人以上の患者が入院する場合 または、州全体で450以上の集中治療室ベッドが使用される場合 とされています。上記2点のいずれかが州保健省に認められた場合に、その翌日から規制がなされることとなっております。 ドイツではワクチン接種者を増やすことを急いでおり、これまで「3Gルール」と言われていた、 Geimpft(ワクチン接種済み) Genesen(快復済み) Getestet(検査済み) を「2Gルール(Getestet・検査済みを除いたもの)」に制限する議論がなされています。無料であった迅速検査が有料となったり、ワクチン接種に関する事実上の強制に当たるとの批判もあり、実際は「3Gルール」が広く認められる状況です。 黄色の段階では、クラブやディスコ、売春施設等の「余暇施設」については「2Gルール」が適用されるとのことです。飲食店の利用や一般的な買い物については特に変わりはありませんが、黄色の段階より、マスクの種類の標準が変更となります。 薄くて軽く、安価なOPマスクから、分厚いFFP2マスクへ標準が変更となります。FFP2マスクについては、OPマスクと比較すると値段は高いですが、以前販売されていた価格よりだいぶ安価で購入出来るようになった印象です。 本日の段階で早速、近所のスーパーマーケットでは、マスクに関するアナウンスがなされていました。FFP2マスク着用を呼び掛けています。 冬が近づき寒くなって来ると、また感染者数が増えるのではと以前から予測されていました。ここで規制が強化されるとあり、ますます気を引き締める必要が出て参りました。 日本から購入して来たマスクの箱はまだ手付かずの新品のまま、またFFP2マスク生活を始めます。  …

【D】ドイツのマスク事情

ドイツでは、疫病対策で主に3種類のマスクの種類の使用が認められております。 OP-Maske(いわゆる不織布マスク) FFP2-Maske oder Maske mit vergleichbarere Filterwirkung (KN95/N95-Maske) 日本と大きく違う点は、布製マスク・自作マスクの使用が認められていない点です。 一時期はマスク不足で、自作マスクが流行しましたが、現在はマスクの需要と供給のバランスも取れ、ドラッグストアやスーパーマーケット等でも問題なく購入出来るようになりました。一般の流通価格も、非常にフェアな価格で取引されております。 ドイツでは、公共交通機関利用時や店に入る場合などは、上記の3種類・使い捨てタイプのもの以外は認められていません。僕は日本でも一般的に流通しているOP-Maskeを購入し、家に備蓄しております。一番値段が安く、普段使いには重宝しておりました。 しかし、つい先日の2021年4月23日に「連邦感染症予防法」(deu. Infektionsschutzgesetz)の新しいルールが可決成立し、マスクに関するルールが厳しくなりました。 人口10万人当たりの直近7日間の新規感染者の指数が100を超える地域は、タクシーを含む公共交通機関の利用時は、FFP2またはそれに準じる規格のマスクの着用が義務付けられました。つまり、不織布のOP-Maskeは使用出来なくなりました。 9. bei der Beförderung von…