ドイツでは、疫病対策で主に3種類のマスクの種類の使用が認められております。

  1. OP-Maske(いわゆる不織布マスク)
  2. FFP2-Maske oder
  3. Maske mit vergleichbarere Filterwirkung (KN95/N95-Maske)

日本と大きく違う点は、布製マスク・自作マスクの使用が認められていない点です。

一時期はマスク不足で、自作マスクが流行しましたが、現在はマスクの需要と供給のバランスも取れ、ドラッグストアやスーパーマーケット等でも問題なく購入出来るようになりました。一般の流通価格も、非常にフェアな価格で取引されております。

ドイツでは、公共交通機関利用時や店に入る場合などは、上記の3種類・使い捨てタイプのもの以外は認められていません。僕は日本でも一般的に流通しているOP-Maskeを購入し、家に備蓄しております。一番値段が安く、普段使いには重宝しておりました。

しかし、つい先日の2021年4月23日に「連邦感染症予防法」(deu. Infektionsschutzgesetz)の新しいルールが可決成立し、マスクに関するルールが厳しくなりました。

人口10万人当たりの直近7日間の新規感染者の指数が100を超える地域は、タクシーを含む公共交通機関の利用時は、FFP2またはそれに準じる規格のマスクの着用が義務付けられました。つまり、不織布のOP-Maskeは使用出来なくなりました。

9.

bei der Beförderung von Personen im öffentlichen Personennah- oder -fernverkehr einschließlich der entgeltlichen oder geschäftsmäßigen Beförderung von Personen mit Kraftfahrzeugen samt Taxen und Schülerbeförderung besteht für Fahrgäste sowohl während der Beförderung als auch während des Aufenthalts in einer zu dem jeweiligen Verkehr gehörenden Einrichtung die Pflicht zum Tragen einer Atemschutzmaske (FFP2 oder vergleichbar); eine Höchstbesetzung der jeweiligen Verkehrsmittel mit der Hälfte der regulär zulässigen Fahrgastzahlen ist anzustreben; für das Kontroll- und Servicepersonal, soweit es in Kontakt mit Fahrgästen kommt, gilt die Pflicht zum Tragen einer medizinischen Gesichtsmaske (Mund-NaseSchutz);

Das Infektionsschutzgesetz Paragraph 28b Absatz1 Satz 9

ドイツ在住の方、またこれからドイツにいらっしゃる方は、マスクの種類にご注意ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Von Koishi