つい先日、バイエルン州の疫病対策の規制が1段階引き上がったばかりですが、また新たに規制が厳格化されることとなりました。今回は、新たな規制について書きます。

バイエルン州では、疫病患者の病床使用率を信号に例え「Stufe Grün(段階・緑)」「Stufe Gelb(段階・黄色)」「Stufe Rot(段階・赤)」と3段階で表されています。この度、2021年11月9日より黄色から赤の段階へ移行するという発表がありました。

赤の段階の基準は、

  • 州全体で600以上の集中治療室ベッドが使用される場合

とされています。

これまで「3Gルール」により入場・参加が認められていた施設や行事については「2Gルール」が適用されることとなります。飲食店や宿泊施設、身体の近さを伴うサーヴィス業については例外として「3Gプラスルール」が認められるとのことです。

「3Gプラスルール」とは、

  • Geimpft(ワクチン接種済み)
  • Genesen(快復済み)
  • Getestet(検査済み)

のうち「Getestet(検査済み)」のテストの種類がPCR検査である必要がある場合です。「迅速検査」は認められないので注意が必要です。

迅速検査が認められる場合は、従来通り「3Gルール」と呼ばれ「3Gプラスルール」とは区別がなされています。

大学や職業訓練、継続教育等の学校外教育施設、図書館及び公文書館では「3Gルール」が適用される、とのことです。

実はつい先日、勉強のため図書館の会員になって参りました。「さぁ図書館にたくさん通うぞ!」と思った矢先に赤の段階になってしまって驚いていますが、健康に気を付けながら勉強を頑張って行きます!

 

Von Koishi