就職を機にスーツケース1つだけを持ち、ミュンヘンにやって来て1ヵ月が経ちました頃、ようやくアパートが決定しました。今回はミュンヘンでのアパート探しについて書きます。

僕はこれまで、自らの意思とは裏腹に、何度も引越しを経験しております。引越しをし過ぎていてある意味「引越しのプロ」みたいな状況になってしまっていますが、ミュンヘンはこれまで住んだことのある街の中で最難関でした。長くアパートに内覧すら行けずに非常に困りました。ただ、やみくもに色々な物件に問い合わせまくったわけではなく、最初から住みたい要件を絞っていました。

僕のアパートの検索条件は下記の通りです。

  1. 家賃700ユーロ以内
  2. 「Zone M」エリア内
  3. バスタブ付き

家賃に関しては安ければ安い方がありがたいのですが、なかなか400ユーロや500ユーロ代のアパートはありません。あったとしても学生専用、年金生活者専用であったり、生活保護の方向けであったりして、僕が住めない要件でした。ミュンヘン市内の中心部から遠く離れれば安いアパートがあるか…というと必ずしもそうではなさそうです。平米単価が低くても、結局支払う家賃額が変わらないもしくは余計に高かったりしました。通勤にも不便になる上に値段が高いようでは、メリットはありません。

ミュンヘンの周辺公共交通機関は、ゾーン制が採用されています。市内中心部が「Zone M」という名称で、このエリア内であれば何かと便利かなと思いました。

バスタブについては、僕がこれまで生活した中で外せない要件です。お風呂は癒しのために必要です。バスタブがないアパートしか見つからなかった場合、きっとまた引越しをしたくなるでしょうから…最初からバスタブ付きのアパートに入居出来たら良いなと考えました。

僕は長い無職期間があり、ミュンヘンでの仕事は全く新しく始める仕事です。一度決まりかけた物件に対しての入居申し込み時、給与明細を提出するように言われたり、試用期間が終了しているかを確認された際、いずれも当てはまらなかったため、残念ながら契約締結に至りませんでした。

せめて決して低くはない額の給与明細が提出出来れば良かったのですが、僕の場合は月の途中の入社、しかも最初の給与額はとても低い額でした。そして、新人ですし「試用期間内」です。

こんな状態でアパートは見つかるのか…最初に内覧に行けたアパートの契約が流れて少々ブルーになってはいましたが、諦めずに探していましたら、上記の3点の条件が全て揃ったアパートが無事に見つかり、契約をすることが出来ました。

見つけたサイトは、フラットシェア物件・ルームメイト募集の某有名WG用サイトでした。

僕はWGは嫌だなと思っておりましたが、WGだと割とすぐに見つかるようでしたし、同僚や知り合いたちからも「取り合えず住むところ・住所が必要だし、一旦WGに住んでも良いかも」とアドヴァイスをくださいました。僕自身もなかなかアパートが決まらない苛立ちや焦りがあり、本当はWGは気が進まないけれど、しょうがないかなと思い、WG物件も併せて探し始めました。

そこでふと「このサイトには単身アパートのメニューもあったはず!」と思い出し、検索してみたところ自分の希望条件のアパートを見つけることが出来たのでした。

一度は諦めかけたところでしたが、ふとチャンスが舞い降りたのでした。契約は割ととんとん拍子に進み、契約書記載の契約日よりも数日前倒しにした日付にてオーナーが入居開始を認めてくれました。

ミュンヘンにやって来てちょうどまる1ヵ月、ようやく自分のプライヴェート空間を手に入れることが出来ました。

家賃や契約に掛かる保証金などで一気に結構な額のお金が無くなりましたが、とりあえず住むところが決まって一安心です。

ラッキーなことに、今年2021年度は、ミュンヘンの名物「オクトーバーフェスト」が中止、さらに見本市「メッセ」も例の疫病の影響で規模を縮小して開催されているということで、ホテル代が比較的安い状況で助かりました。

これが通常通りの年だったり、僕のアパート探しがさらに難航していたとすると…貯金はもうすっかりなくなり、破産に近い状態になってしまっていたことでしょう。ギリギリの状態でどうにかこうにか生き延びることが出来ました。

ホステルやホテル暮らしが長く、食事はずっと買い食い状態だったので、結構出費が大きくなってしまっている状態でした。

ようやくキッチンで料理が出来るようになり、最初に頂いたもの…それは、そうめんでした。

ミュンヘンに移住すると決まる前の段階ではありますが、お得なそうめんをまとめ買いしている状況でした。そのそうめんをミュンヘンの新居で早速頂いたのでした。

通常の生活をするには、あとはインターネット環境が揃えば完璧です。とりあえずスマートフォンのインターネットやら、職場ではインターネットが出来る状況なので、自宅でのインターネットは、開通工事日…約3週間後まで我慢ということになります。

暇な時間は、日本から持ってきたけん玉でもして遊ぶことと致します(笑)

家具が一切ないアパートなので、今後一から揃えて行く必要があります。出費のことを考えると大変ですが、どのように部屋を彩って行こうか楽しみです。ゆっくり時間を掛けて「マイルーム」を作って行きます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Von Koishi