Schlagwort: イタリア

【D】オミクロン出現!旅行の見通し

目下流行中の疫病の、新たな変異種がつい先日発見されたことで、世界中に激震が走りました。今回は、現在の時点で報道されている情報のまとめと今後の見通し(僕の私見)について書きます。 新たな変異種が見つかる度に、ギリシャ文字のアルファベットが名称として当てられますが、つい先日見つかりました、主にアフリカで発見された種類は「オミクロン」と名付けられています。世界を震撼させたインド型「デルタ」よりもさらに強力な感染力があると伝えられています。既にヨーロッパでもオミクロン感染者が発見されているそうです。現在の時点で既にオミクロン感染者の存在が報告されている国は、下記の通りです。 南アフリカ ボツワナ イスラエル 香港 オーストラリア ベルギー(欧州最初に発見) イギリス イタリア オーストリア オランダ チェコ デンマーク ドイツ 欧州内では、オランダ国内が最も件数が多く、南アフリカからの到着便搭乗者61名が疫病に感染していたことが報告されました。検査の結果、61名のうち13名がオミクロン感染者だったとのことです。 早速このオミクロンの感染拡大に対応すべく、外国人の入国をいち早く禁止することにしたのがイスラエルです。そしてイギリスも続き、南アフリカとの航空便を制限することを発表しました。 この度の日本の対応は非常に早く、既に外国人の入国を制限するとの発表がありました。その他隔離措置に関しても、昨年と比べより厳格なルールが適用されるそうです。 昨年に関しては、僕自身が日本に渡航致しまして、かなりの「ザル状態」を目の当たりにしたので、今年の対応は随分早く、非常に素晴らしいと感じております。 一方のヨーロッパはと言いますと、多くの国の政府が国民に対してワクチン接種を急がせてはいるものの、なかなか接種率が上がらない状況が続いています。先日オーストリアが来年の2022年2月よりワクチン接種を義務化すると発表、かなりの物議を醸し、各地で大規模なデモが起こりました。…

【I】冬の始まりの大失敗癒し旅行⁈

久しぶりに旅行に出掛けて参りました。行き先はイタリアのフィレンツェでした。今回は、久々に体験した「旅の大失敗談」について書きます。 旅行に出掛ける際には、僕は基本的には前もってのホテルの予約をしません。当日に予約をすると結構安くなっていることが多いですし、何より到着してから何となく周囲の雰囲気を見てから決めるのが効率的かな、と思い、いつの日からかそのようにしていました。結論から言いますと、そのことが今回の旅の大失敗を招いたのでした。 僕は現在、「マイル修行」やら「ステータス修行」というものを行っております。今年2021年中はキャンペーンが行われているので、どこに行こうかずっと色々と探していたところ、まだ行ったことがないいくつかの都市を見つけ、この度はイタリア・フィレンツェに決定したのでした。 フィレンツェ空港(FLR)は非常に小さく、シンプルな造りの建物です。基本的にはイタリア国内線は飛んでいないようで、格安航空が割とメインに就航している国際空港のようでした。 空港の敷地内にはトラムの駅があり、トラムで街の中心地へ移動しました。 さて、ここで僕にとって予想外だった大問題が発生しました。 フィレンツェのホテルの代金の様子が何やらおかしい⁈ 僕が今回イタリアに滞在する予定の日数は合計3日間、2泊の予定だったのですがホテル代金がとんでもない感じでした。僕がよく利用しているホテルサイト「Booking,com」には、高額なホテルしか表示がなされませんでした。しかもよく見ると超高級ホテルというような感じではない場所だったとしても、1泊300ユーロ近かったのです。 僕は以前旅行会社に勤めており、イタリアのホテルは数多く手配経験がありますが、こんな値段は見たことがありませんでした。例えばドイツでは国際見本市「メッセ」が有名で、メッセ期間中だとホテル代金が高額になったり、予約がとても困難になりがちです。しかし、これほどな現象はドイツでも珍しいので、イタリア・フィレンツェでは何が起こっているのか⁈と非常に驚きました。 携帯電話の電池の都合、イタリア内でのインターネットの接続状況が優れなかったのでしっかり調べることが出来なかったのですが、どうやらイヴェントはかなり盛りだくさんのようでした。 「よし、他の街に逃げよう!」と思い、駅に行きました。夜遅い時間だったので、あまり列車の本数自体そんなになかったのですが、とりあえず「ピサの斜塔」で有名なピサに行くことに致しました。この列車を逃すともう徹夜になってしまう!ということで、ある意味の賭けでした。 しかし、ピサに行き更なる悲劇に襲われます!(爆) フィレンツェもピサも状況は変わらず!しかもピサの方がフィレンツェに比べると都会ではないと言いますか、あまりホテルの件数もなく、難易度が増してしまった感じでした。そして、日付が変わってしまって当日の夜用予約がインターネットでは予約が不可となり、一軒一軒ホテルを回ることになりました。例えば10月30日の夜に泊まり、10月31日にチェックアウトをする予約をする場合、深夜0時を過ぎて日付が10月31日になってしまうとオンライン予約が出来なくなります。日付が変わったからと言って10月31日の予約をしてしまうと、その日の午後からチェックインの予約となってしまうので、注意が必要です。また、日付が変わってからの到着の場合も、その日の夜は前日からの予約がないと宿泊は出来ません。 ほとんどのホテルで入った瞬間から「もう今夜は空室無いよ!」と断られる始末でした。 やはり、何かがおかしい! 参照URL:https://www.discovertuscany.com/tuscany-events/october-events-in-tuscany.html 何やら、トスカーナ地方全体で旅行者が多い時期なのでしょうか⁈結局どのイヴェントがあるからこんな状況になっているのか、特定は出来ませんでしたが、何やら僕が旅行した日はピンポイントでイヴェントが盛りだくさんの状況でした! 予約出来そうなホテルでも1泊300ユーロは超えてしまうような値段でした。正直、今回の旅行はそんなに多くの予算を想定していなかったので、大誤算でした。ただ、このままだと風邪を引いてしまうかもしれないというくらい外が寒くなってしまい、どうにか300ユーロ以内のところで泊まれそうなところがあれば…と思いましたが、結局見つけることが出来ませんでした。 どうしたかと言いますと、ピサ中央駅には夜中にも列車が何本か通っているようでしたので、色々とこれからでも行けそうな場所であったり値段を調べたり、鉄道が好きなので駅舎や車両を見て楽しんでいました。 結局、他の街に行くことは断念し、自動販売機でエナジードリンクを買い、パワー全開で徹夜致しました!(爆)…

【D】ドイツ・ワクチン接種は個人の自由意志を尊重⁈

「ドイツではワクチン接種を強制せず、自由意志を尊重したい」と、Angela Merkel(アンゲラ・メルケル)首相とJens Spahn(イェンス・シュパーン)保健相が、本日ロベルトコッホ研究所を訪問の際に明言しました。いくつかのEU加盟国より、来たる第4波に対して「ドイツが自由意志を尊重する意義」について問われています。今回は、ヨーロッパワクチン接種の強制の議論について書きます。 ドイツでの本日発表時点でのワクチン接種率は、最低目標値85%に対して、 少なくとも1回目の接種済み 58.7% 接種完了(vollständig) 43% という状況です。 本日、ドイツ北部・キール大学キャンパス内にて「予約なしで受けることが出来るワクチン接種」が行われたという様子がTV番組で紹介され、少なくとも280人が接種を受けたとのことです。このような予約なしでワクチン接種が受けられるという動きは、既に各所で始まっており、僕が住んでいる街でも実は先週末から始まっているようでした。 シュパーン保健相は、市場、運動施設、教会や宗教施設隣接地など、ワクチン接種を希望する人に対して、接種が受けやすい機会を整える、ワクチン接種率の速度を上げて行くことの必要性について話しました。 今後の状況によって変更となる可能性は否定されていないものの、まずは今の段階ではドイツは「ワクチン接種の強制」については否定的な立場です。 一方フランス政府は、医療従事者、介護施設で働く全ての人々に対して、2021年9月中旬までにワクチン接種義務を課すことが発表されました。ワクチン接種がなされない場合は、就業が許されないか、給与支払いが停止されます。10月以降のフランスへ旅行をする場合は、 ワクチン接種を完了した場合 疫病の陰性を証明出来る場合 罹患後回復した場合 のみに限られ、飲食店の利用や各種サーヴィスを受ける場合には、各自コロナ警報アプリやCovPassアプリの提示が必須となります。 ワクチン接種の強制に関しては、イタリアでは既に今年5月に開始されており、ギリシャは来月(8月)から、イギリスでは恐らく10月から導入される見込みです。 尚、イタリアではワクチン接種の強制について約300人が訴訟を起こし、明日(7月14日)に法定審問が予定されています。  

【J】日本入国時の新たな水際対策強化措置

つい先日、日本入国時の新たな水際対策措置についての発表があり、日本時間の令和3年(2021)年3月5日午前0時より適用開始となりました。昨年12月に僕が日本に入国した頃と大きく異なっている点について紹介致します。 厚生労働省のHPには、まず下記のような記述がなされてあります。 海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)加えて、海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について誓約いただくことになりますが、「誓約書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。また、誓約に違反した場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となり得るほか、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。 <検査証明について>検査方法については、「核酸増幅検査(Nucleic Acid Amplification Test)のPCR(polymerase chain reaction)法、LAMP(Loop-mediated isothermal amplification )法、TMA(Transcription Mediated Amplification)法、TRC(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)法、Smart Amp(Smart Amplification procecc)法、NEAR(Nicking…