先日受けて参りました「ブースター接種」から、早1週間が経過しました。今回は、1週間経過後の様子について書きます。

僕は今年、合計2回のワクチン接種を受けております。最初のワクチン接種は、ジョンソンワクチン、2回目のブースター接種としてはモデルナワクチンでした。

友人たちが激しい副反応に悩まされている姿を見たり、インターネット上であまりよろしくない情報が出回っていたこともあり、ワクチンはなるべく打ちたくはありませんでした。しかし、2回とも接種した箇所が非常に痛むということがありましたが、それ以外は特に、熱が出たり気分が悪くなったり等、何もありませんでした。

最初のワクチン接種の際は、最初1日腕が痛かっただけで、2日目には大分気にならない程度にまでなっていましたが、2回目のワクチン接種の際は、腕の痛みは結構長かったかもしれません。しばらく腕を上げたり、寝返りを打つと痛かったり、仕事中に少々重いものを運ぶ際に少々不便を感じました。しかしながら、1週間経った今、もう既に痛みは消えています。偶然なのか分かりませんが、激しい副反応が特になく、腕の痛みのみで幸運だったかもしれません。

また今後も、半年後くらいに追加接種の案内などが来るかもしれませんが、念のため接種日とその翌日は、必ず仕事や大事な用事が入っていない日にしようと思いました。

あと1週間経てば、ブースター接種分のワクチンパスQRコードが有効化されます。ジョンソンワクチン分のQRコードは相変わらず有効ですが、どのような表示に切り替わるのか、少々楽しみにしています。

Von Koishi