デュッセルドルフ中央駅にて、珍しい列車に出会いました。その名も「FLIX TRAIN」です。

今回は、格安列車「FLIX TRAIN」について書きます。

FLIX TRAINは、2017年にフリックスモビリティ社の100%子会社として誕生しました。格安の長距離高速バス「FLIX BUS」の鉄道版です。長距離高速バスは、ドイツでは非常に人気が高く、大都市間は便も多く便利です。FLIX BUSはドイツ国内だけでなく、近隣のヨーロッパ諸国にも向かう便があり、早めに予約をすればかなり格安で旅行が出来ます。ドイツ最大手のFLIX BUSの鉄道版「FLIX TRAIN」が出来るとなった時は非常に話題となりました。

ドイツでは、日本のような「私鉄」はほぼ存在しません。ここでの「日本のような私鉄」とはつまり、自社の鉄道駅・線路などを利用した、自社独自の料金体系で運営している会社を示します。ドイツの鉄道は、私鉄そのものは存在しますが、基本的にはDeutsche Bahn(旧国鉄)の鉄道駅・線路を利用したサーヴィスで、乗車券の料金体系は、Deutsche Bahnと共有であったり、地域の鉄道組合に所属している関係で、地域によっては複雑です。1つの駅に、複数の異なる券売機が設置されてあることもあり、地元ドイツ人ですらどの券売機で切符を買うべきかを分かっていないことも多々ある程です。

FLIX TRAINの特徴は、Deutsche Bahnの駅と線路は利用しているものの、他の私鉄との大きな違いは、乗車券の料金体系及び購入方法についてです。独自のウェブサイト・アプリを運営しており、銀行カードやクレジットカードで支払いを済ませれば、メールやアプリからチケット情報を簡単に受け取ることが出来ます。Deutsche Bahn及び地域の鉄道組合の券売機では購入が出来ません。主要なFLIX TRAIN停車駅にはカウンターもあるので、カウンターでの購入も可能です。以前はデュッセルドルフ中央駅にもFLIX TRAINのブースがあったのですが、目下休業中のようです。(※2021年7月時点)

FLIX TRAINのネットワークは、開業当時から比べると、かなり広がっています。2021年9月には、フランクフルト~ミュンヘン間も新たに開業するとのことです。

参照URL:https://www.flixtrain.de/zugverbindung

☆☆☆主要路線☆☆☆

  • (アーヘン)~ケルン~ベルリン
  • ケルン~ハンブルク
  • シュトゥットガルト~ベルリン

早割の最安値料金は、9.99ユーロです。

僕が個人的に利用するとすれば、デュッセルドルフ中央駅からハンブルク中央駅の区間です。

9.99ユーロは、早割かつ座席数が限られたもので、見つけるのは難しいことがありますが、同区間FLIX TRAINの直近の予約の場合は、29.99ユーロと表示されました。比較として見てみますと、Deutsche Bahnの正規料金(超特急ICE利用)ですと、大体片道で85ユーロ以上の値段です。Deutsche Bahnでも、かなり先の予約かつ「Bahn card25」の割引を組み合わせて片道20ユーロを切る料金帯もあるようですが、一般的にはFLIX TRAINの方がDeutsche Bahnよりも割安の料金帯を見つけやすいです。

FLIX TRAINのデメリットとしては、ドイツ全土をカヴァーしておらず、場所が限られてしまうことです。また、列車本数が少ないこと、さらにDeutsche Bahnの駅や線路を利用しているため、Deutsche Bahnの遅延の影響を受けやすいことです。Deutsche Bahnのチケットを購入時は、何かアクシデントによる遅延の場合は、他の列車への振り替えなどの対応を受けられますが、FLIX TRAINの場合はそうも行きません。1時間以上の遅延が発生した場合は、購入代金の25パーセントが上乗せ、2時間以上の遅延の場合は50%以上の上乗せ金額が補償されるのみです。返金の場合は、FLIX TRAIN及びFLIX BUSのクーポン券にするオプションにすれば、即メールで発行されます。鉄道を諦めて高速バスで向かう場合は、再予約がその場で出来て便利かもしれません。

Deutsche Bahnの遅延が普段から頻繁に起こりやすいので、遅延に関しては注意すべき点かもしれません。僕がFLIX TRAINを撮影しようと待っていると、ICEの遅延の影響を受けてどんどん遅れて行き、さらに到着プラットホームも突然変更となっていました。ドイツの鉄道では、予定されているプラットホームがいきなり変更となることがあるので案内表示及び駅のアナウンスには十分ご注意ください。

Twitterや他SNSを見ていると、「今日はどうやらFLIX TRAINだけが定刻運行されている…」というつぶやきも見受けられました。FLIX TRAINは、必ずしもDeutsche Bahnの遅延の影響を受けず、間を上手く潜り抜けて運行していることもあるようです。

非常に格安なFLIX TRAINには、魅力的な点がまだあります。

車両はDeutsche BahnのICとしてよく見かける客車の中古ですが、外面及び内面は美しくリノヴェーションされています。車内Wifiサーヴィスが利用出来、さらに座席に電気コンセントもあります。

目下、流行中の疫病の影響で、車内販売は実施されていないようですが、通常時は機内販売も実施されているようです。

FLIX TRAINを見て、夏休みに鉄道でふらりと旅に出てみようかなと、そんな気持ちになりました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

Von Koishi