ドイツ語の前置詞には、格支配があります。今回は、その中でも珍しい⁈Genitiv(2格)支配の前置詞について書きます。

まず、とても代表的でよくテキストに登場するものから紹介します。

  • während:~の間に
  • wegen:~によって、~が原因で
  • aufgrund:~によって、~のために
  • infolge:~によって、~のために
  • trotz:~にも関わらず

上記の前置詞は、C1レヴェルの授業の文法部分でも「Nominalisierung(名詞化)」で多く登場します。記述試験の際は、副文で単語数を稼ぐという戦略もありますが、名詞化の要素を取り入れることで、文章がすっきりとコンパクトになります。さらに2格支配の表現は、役所や弁護士からの手紙であったり、あまり一般的な会話等では使われないのですが、知識のアピールポイントとして、試験では加点ポイントとして期待が出来そうです。

駅や列車内のアナウンスで、aufgrund der Bauarbeitやaufgrund der technischen Störungというのはよく聞くので、ドイツで生活をしていると割と馴染みがある表現かもしれません。

「aufgrund + 2格」は、weil,da,zumalなどを使って副文を作る表現に書き換えることが出来ます。副文を登場させ過ぎると、同じような言い回しばかりのくどい文章になってしまうので、レパートリーとしてはやはり覚えておいて、そして使いこなせるようになっていて損はないです。

その他、2格支配の前置詞は下記の通りです。

  • abseits:
  • angesichts:
  • anhand:
  • anlässlich:
  • anstatt:
  • anstelle:
  • außerhalb:
  • dank:
  • diesseits:
  • entlang:
  • im Falle:
  • inmitten
  • innerhalb:
  • jenseits:
  • mangels:
  • mithilfe:
  • mittels:
  • statt:
  • ungeachtet:
  • unweit:
  • zufolge:
  • zwecks:

ちなみに教科書によっては、

  • laut:~によると、~によれば

も、2格支配前置詞であると紹介されていることがあるようですが、現代では3格支配前置詞として理解されているようなので、筆記や口述試験で2格支配として利用すると減点対象となってしまうようです。この点については、C1レヴェルでお世話になった全ての先生に話を伺いましたが、全員同じ回答でした。

laut einer Studieやlaut einer Forschungなど、女性名詞の単数形で用いられる際は、2格も3格も同じ形なので問題ありませんが、その他の品詞・複数形の場合などには注意が必要です。

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村

Von Koishi