Schlagwort: 日本

【J】IOCバッハ会長、日本で派手にやらかす

日本では、オリンピックニュースが連日頻繁に報道されています。疫病蔓延下で、オリンピックを開催すべきかどうかの議論が止まないままではありますが、運営側や開催地である東京としても、どうにか開催に向けての最終調整が行われています。今回は、オリンピック前の日本でのニュースについて書きます。 目下日本に滞在中のIOC会長・トーマスバッハ氏に対して、日本国民が怒っているというニュースが報じられています。彼の発言がニュースやSNSで多く紹介されていて、コメント欄にはかなり辛辣な批判的コメントが多く寄せられています。 ネットニュース記事のコメント欄で目立つコメントは、オリンピック反対派の意見で、彼が何か発言をすればほぼ炎上という構図が出来上がっているように見受けられます。中でも特に大きかったであろう炎上は、バッハ氏が「日本国民」と言うべきところを、「中国国民」と言い間違えたことです。この間違いは非常に致命的で、オリンピックに対して特に反対ではない層からも大きな反感を買い、このニュースは広く、そして大きく取り上げられました。 日本人は、欧米人から「どうせ中国人も日本人も変わらない」というような扱いをされることをとても嫌います。アジアやアジア人のことをよく分かっていない人が間違えることはまだ理解が出来るものの、今回は発言者であるIOC会長という立場の方が、しかも東京にいながら「中国人が最も大事である」と発言するのは「単なる言い間違え」というわけにはいきません。これは憶測ではありますが、実は東京オリンピックのことは頭になく、来年2022年の北京冬季オリンピックのことしか頭にないのでは、という指摘もありました。いずれの場合にも、この発言により、日本人のバッハ氏への印象はかなり悪くなったものと思われます。 この件に関する報道は、ヨーロッパでは少々遅れて話題となりました。ドイツ語でのニュース記事には、下記のような見出しが付いていました。 Olympia-Chef: Thomas Bach leistet sich peinlichen Aussetzer in Tokio Peinlicher Fauxpas: IOC-Präsident Bach bezeichnet Japaner…

【J】日本のPCR検査事情

日本に一時帰国し、ヨーロッパに戻ることになりました。今回は、ヨーロッパへの帰国準備・日本でのPCR検査事情、自分自身が実際に経験した点、とりわけ僕自身が感じた疑問点について書きます。 目下、ヨーロッパの多くの国では、一般の旅行客の方は入国制限が行われてしまっている状況ですが、僕はドイツでのVISAを持っているので、入国自体は問題ありません。 現在、僕の知り合いの方々のヨーロッパ在住者の多くも日本への一時帰国中、または近いうちに里帰りをご計画の方々が多いようです。ヨーロッパ在住日本人にとっては、日本に一時帰国後ヨーロッパに再度戻ることは可能な状況ですが、「新型コロナウィルス陰性証明書」の要件については常に注意が必要です。ヨーロッパから日本へ来るのは容易でも、日本からヨーロッパに向けて渡航するにはややハードルが高いと思われます。 まず、僕は2020年12月中旬に日本にやって参りました。その際は、日本への入国もヨーロッパに戻るのも比較的簡単でした。その当時の大きな点は、ヨーロッパから見た日本の評価が「危険度の低い国」と評されており、必ずしも「新型コロナウィルス陰性証明書」を提出する必要がなかったことです。現に僕の友人は、僕とほぼ同じ頃に日本に一時帰国し、2021年1月初旬頃にヨーロッパに戻りましたが、その際には「陰性証明書」が不要でした。僕もそろそろヨーロッパに戻ろうか、と色々と準備をしている間に状況が一変してしまいました。日本国内でのいわゆる「変異種」が相次いで発見されたことを受け、日本は「危険度の低い国」ではもはやなくなってしまったのでした。 僕はドイツに戻るのですが、オランダの航空会社KLMオランダ航空を利用します。なので、オランダとドイツの要件を調べる必要があります。 ※ついでに申し上げますと、キプロス在住時に休暇用に購入していたチケットだったため、KLM利用部分はギリシャ発着のチケットとなっており、特に用事がないギリシャにも飛びます。 入国要件はこちらのサイトが非常に調べやすいです。>>URL:https://www.traveldoc.aero/ このサイトのお陰で、最新情報が簡単に調べることが出来て便利です。僕のように乗継便がある場合でも問題ありません。(乗継便検索は3フライトまで) 次に、新型コロナウィルスの検査についてですが、調べると色々な用語が出て来ます。いわゆる「PCR検査」という用語は一般的ですが、実は検査には種類がいくつかあります。自分自身が行きたい国や経由地の要件を満たしているかを注意する必要があります。 僕の場合は、兵庫県内の地元で「PCR検査を受けたいのですが…」と保健所にご紹介を受けたところや、自分でインターネットで調べた様々なクリニックに電話で問い合わせをして確認しました。すると、多くのクリニックからの返答で次のような問題点が見受けられました。 検査費用がやたら高額(30000円以上)であること。 「適切な」陰性証明書が発行されないこと。 まず費用については、日本国内の検査は結構高額です。「保険が効かないので自費となります」というご説明を何度も受けましたが、僕が以前住んでいたキプロス島内では僕が生活していた頃で60ユーロ以内が一般的でしたし、今現在は35ユーロ程度と随分値段が下がったようです。 ドイツも日本円に換算して10000円程度のようですから、日本がいかに高額かということが分かります。 ヨーロッパ内での場合は、費用には英文証明書は含まれております。日本の場合、英文の診断書はかなり高額な「別料金」として設定されていることが多く見受けられました。 インターネットで検索をしますと、非常に安価な検査キットの販売サイトやクリニックの案内が出て来ることもありますが、結構落とし穴があります。それは、「海外渡航用」と選択すると金額が一気に跳ね上がったり、陰性証明書についてかなり小さな文字で色々と注意書きがなされていることです。 陰性証明書については、国によっては特定のフォーマットが必要なケースもあるようですが、目下ヨーロッパ行きは「この書式でなければならない」という厳密なフォーマットは必要なさそうです。陰性証明書ですから、「Negative」という表記、名前、パスポート番号等のID番号、検査日時、検査方法が英語で記載されていれば問題ないと思われます。 僕が見たところ、検査費用が安いクリニックや郵送タイプの検査キット販売業者のウェブサイト上で、 「当クリニックで発行する陰性証明書は、海外渡航用としてはご利用いただけません」 「英文やその他言語は対応していません」…

【J】日本入国時の新たな水際対策強化措置

つい先日、日本入国時の新たな水際対策措置についての発表があり、日本時間の令和3年(2021)年3月5日午前0時より適用開始となりました。昨年12月に僕が日本に入国した頃と大きく異なっている点について紹介致します。 厚生労働省のHPには、まず下記のような記述がなされてあります。 海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)加えて、海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について誓約いただくことになりますが、「誓約書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。また、誓約に違反した場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となり得るほか、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。 <検査証明について>検査方法については、「核酸増幅検査(Nucleic Acid Amplification Test)のPCR(polymerase chain reaction)法、LAMP(Loop-mediated isothermal amplification )法、TMA(Transcription Mediated Amplification)法、TRC(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)法、Smart Amp(Smart Amplification procecc)法、NEAR(Nicking…

【J】日本国外在住者の運転免許更新

先日、日本の自動車の運転免許証を更新致しました。今回は無事「ゴールド免許」にて更新することが出来ました。これまで悔しい思いをしたことがありましたので、今回は日本国外在住者のための運転免許証更新に関する情報を紹介致します。 まず基本的なことですが、日本の運転免許証の更新期間は、自分自身の誕生日の前後1ヵ月の間です。僕の場合は誕生日が12月8日ですので、更新年の11月8日~その翌年1月8日までです。この期間中に日本にいることが出来、更新手続きをすることが出来れば全く問題ないのですが、過去これまでに、その期間中に休暇を取得して日本に行き、運転免許証を更新することが出来ないことがありました。 更新期間を過ぎてしまいますと、基本的には運転免許証は失効扱いとなってしまうのですが、日本国外在住者の場合は「特例措置」を受けることが可能です。 特例が認められている場合は、下記の3パターンです。 有効期限後6ヵ月以内の更新 有効期限後3年以内の更新 有効期限前の更新 まず上記のいずれも、更新期間中に日本に滞在していなかったこと(期限前更新の場合は、日本にいない予定であること)を証明する必要があります。一番簡単な方法は、パスポート上の入国/出国スタンプを見せることです。ここのところ、押印を省略されることがあるので、日本国外在住者の場合は、なるべくスタンプをもらうようにした方が良いかと思われます。 もしも、パスポート上で自分自身の入国/出国の記録を証明出来ない場合は、法務省所轄の出入国在留管理庁宛に「出入(帰)国記録に係る開示請求」を行うことが可能です。所定の用紙に記入・手数料支払い等を済ませて、郵送にて書類を受け取ることが可能です。 参照URL:http://www.moj.go.jp/isa/applications/disclosure/record.html 6ヵ月以内の更新であれば問題なく更新可能です。 6ヵ月を超え3年以内の場合は、やむを得ない事情(日本国外在住者の場合は、日本に滞在していなかった事情)等を証明することで、「やむを得ない事情」が終了した1ヵ月以内の更新が認められます。 いずれも更新時の講習を受けるのみで、「適性試験」は免除されます。 以前は上記のような事例の場合は、たとえ交通違反をしていない場合でも、更新時に「違反者講習」を受けなければならず、うっかり更新時期を忘れていた日本国内在住者や、交通違反をした方と同じ扱いになっていました。ゴールド免許が取得出来ず、更新手数料が高額になり、非常に長い時間の講習を受ける必要があったのです。 しかしながら、ありがたい法改正により、更新期間外でも無事故無違反者の場合は、日本国外在住者はゴールド免許の取得が可能となったのです。僕は2016年5月の更新時点で、法改正があった旨案内を受けまして、その際に僕は初めてゴールド免許の取得をすることが出来たのでした。 ゴールド免許の取得が可能になったものの、一度失効した免許証の特例措置による復活のような形になっているので、それまでの「運転経歴」が残りません。運転免許証取得日が、免許証更新日となってしまう点は注意が必要な点かもしれません。 僕が自動車及び普通自動二輪車の免許証を取得した日は、平成28年(2016年)5月16日ではありません。本当はそれよりも前に取得していますが、期限後の更新を行った日が取得日のように記載されています。 運転経歴を必要としない場合は、特に気にする必要のない部分かと思われますが、それまで取得していた免許証が一旦失効扱いになった、ということがこの点からご確認いただけます。 更新年の誕生日の41日前を起算日として、その日から過去に遡って5年間が、次の免許証にて優良運転者(ゴールド免許)として評価されるかどうかが決定されるので、期限前の更新の方は、目下ゴールド免許は取得出来ないようです。 期限前の更新は、多くの日本国外在住者の場合は、例えば「本当は来年が更新の年だけれど、日本にきっと来れない」といったような状況で、やむなく選択される方がいらっしゃるかと思われます。…

【J】コロナ禍の日本入国

先日、欧州より日本にやって参りました。 「今この時期に日本に行きたいけれど、入国の状況がどのようになっているかが不安」という方々のために、今回は自分自身の体験について書きます。尚、当ページの情報は2020年12月時点での情報であることにご留意ください。 僕はキプロス(ラルナカ)→ギリシャ(アテネ)→オランダ(アムステルダム)→フランス(パリ)→日本(関西)というルートで日本に向かいました。このような特殊なルートになった背景は、関西空港(KIX)に向かえる航空会社の数が限定的であったことと、PCR検査や隔離などの制限措置を避けるためです。 この当時、日本に向かう場合は「24時間以内の乗り継ぎであればPCR検査不要」という状況でしたが、キプロスからギリシャに向かう時点、つまりギリシャ入国時点でPCR検査の陰性証明書がないと飛行機に乗せてもらえないという状況でした。 このように、最終目的地では検査不要でも、中継地点の国で書類提出を求められる場合がありますので、注意が必要です。 キプロス国内ではPCR検査は非常に受けやすく、特に予約も不要でした。また、費用は55ユーロと手頃でした。検査結果はメールにてPDF形式で送信されるので、空港でチェックインの手続きをするまでに印刷して手元に保管しておく必要がありました。 オンラインチェックインが前日に出来ず、搭乗日当日は空港のカウンターにて手続きをする必要がありました。その際に最終目的地を確認、PCR検査結果を見せ、荷物を預けてチェックイン、という流れでした。 非常に長い旅路を経て、日本に到着すると、QRコードを取得しているかの確認が行われました。実はその手続きを知らないまま渡航してしまい、空港に設置されてあるパソコンを借りて、急いで登録を致しました。 ※QRコード及び、日本入国に関する手続きについては、厚生労働省及び検疫所のHPで最新情報をご確認いただくことを推奨致します。 参照URL:https://www.forth.go.jp/index.html QRコードが確認されると、唾液検査用のキットを受け取り、各自唾液を容器に採取し提出、その後待合スペースにて、自身の判定を待ちます。 概ね30分程度の待ち時間だったかと思われますが、自分自身の結果が陰性だったということが分かり、陰性者用順路を進み、その後入国審査へと進みました。 入国審査が終わり、荷物を受け取り、税関通過、その後空港の到着ロビーへと進んみました。基本的にその間の「見張り役」のような方はいらっしゃらず、公共交通機関は利用しないようにと「要請」はされているものの、特に罰則もなく強制ではないということが影響しているのか、「水際対策強化」を謳っている割には、随分な「ザル状態」でした。 また、入国後14日間は自主隔離が要請されていますが、これもまた実質的に自由な行動が許容されており、保健所からの確認の連絡というものもありませんでした。これは、滞在先の管轄保健所によって対応がまちまちで、頻繁に連絡が来る自治体と、そうでないところがあるようでした。僕の場合は、一度も連絡がないまま自主隔離期間を満了致しました。 以上が僕自身の「コロナ禍の日本入国体験談」です。ご参考に頂けますと幸いです。