いよいよ今週末より、ドイツ南部のアルゴイ(Allgäu) エリアではスキー場開きとなります。今回は、スキー情報について書きます。

今週金曜日(12月5日)より、いよいよドイツではウィンタースポーツの季節が始まります。営業開始予定のゲレンデ及びリフトサーヴィス等は下記の通りです。

  • Söllereckbahn bei Oberstdorf
  • Schwärzenlifte in Eschach
  • Grasgehren in Obermaiselstein

また、その翌日(12月6日)より

  • Hörnerbahn in Bolsterlang

も冬季営業を開始する見込みです。

  • Jungholz
  • Kanzelwand

エリアについては、目下、翌週以降順次営業開始見込みとのことです。

スキー場の利用には、大人は2Gプラスルール、スキー場や山小屋等施設は2Gルールが適用され、17歳までの子供には適用されないとのことです。規制については12月31日まで適用とのことですが、今後状況によって変更になることもあるので、注意が必要です。

その他、一般的な社会的距離を開ける、リフト内や会計所など、人が密集する場所では、15歳以上の場合はFFP2マスクを着用することなどが求められます。

各スキー場では、事前にリフト券、貸しスキーなどをオンライン予約が行えるので、事前予約が推奨されます。

僕がスキーを経験したのは、大学1年の時に部活メンバーで長野に行ったことが最後です。ヨーロッパでスキーをするなんて、考えたこともなかったのですが、同僚たちから声を掛けてもらっているので、チャンスがあれば行ってみたいと考えております。

☆☆☆直近7日間指数☆☆☆

  • ドイツ全体  442,9
  • バイエルン州  589,3

※ロベルトコッホ研究所発表情報を参照(2021年12月1日)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Von Koishi