世界中で流行中の疫病の影響で、なかなか旅行することが難しい状況が続いておりますが、前回に引き続き、規制が緩やかになった瞬間を狙ってギリシャ旅行に出掛けて参りました。

今回は、クレタ島旅行について書きます。

僕が生活をしているキプロス島から、ギリシャ・クレタ島は飛行機で直行便があれば1時間程度で行ける場所です。が、僕の旅程と直行便が飛んでいる日とスケジュールが合わず、行きはギリシャ・アテネ経由で向かいました。帰りは直行便で非常に楽でした。

ギリシャ・クレタ島に行こうと思ったきっかけは、同僚で非常にクレタ島に詳しい方がいらっしゃり、非常に興味を持ったところ、航空会社からのメールマガジンで、安い航空券の値段がタイミング良く発表されたところだったので即予約をしました。

例の疫病の警戒レヴェルは国によって異なり、さらに目まぐるしく変化するので、ギリシャがカテゴリーA(低リスク)のうちにどうしても旅行したかったのです。しかも、クレタ島に行くのは初めてだったので非常に楽しみでした。

アテネ空港(ATH)に到着後、空港で「無作為に行われる」PCR検査で僕が選ばれました。他の人たちはスルーしていたのに、僕だけ選ばれたのは…アジア人という見た目での判断だったのでしょうか。分かりませんが、ギリシャに入国する手前で、検査を受けさせられました。結果については何も分からないまま、ギリシャへ入国、ギリシャ国内線へと乗り継ぎました。

クレタ島・イラクリオ空港(HER)に到着後、すぐに市内バスに乗り込み、中心部へ移動しました。空港からは一直線の道で、概ね20分程度でした。タクシーにしようかなと一瞬思ったのですが、バスの本数は非常に多く便利そうでした。

イラクリオ空港は現在は海沿いにありますが、山間・内陸部への移設の話があるそうです。もしかしたらこの空港に降り立つのは最初で最後⁈と思いながら、美しい景色を堪能致しました。

クレタ島には、多くの博物館があり、歴史的な建造物・遺跡など見どころはたくさんあります。旅行日数が短く、僕が訪れたのはイラクリオの街と遺跡のあるクノソスのみでしたが、かなり楽しめましたし、また訪れたい場所の一つになりました。

例の疫病のことを忘れさせてくれるような、非常に開放的でのんびりとした雰囲気が素敵でしたし、忘れられない良い思い出となりました。

クレタ島と言えば、オリーヴオイルが有名だそうです。僕は個人的にオリーヴオイルはそんなに好きではなかったのですが、キプロスに住むようになってからというもの、大好きになりました。キプロス島のものも美味しいですが、クレタ島のものはまたさらに美味しさが格別な気がしました。ちなみに、クレタ島産の上等なオリーヴオイルは、キプロス島内のスーパーマーケットでも普通に購入可能なようなので、戻ったら購入して試してみます。

オリーヴオイルだけでも飲めてしまいそうな!そんな美味しくて癖になりそうな味でした。生野菜、サラダに掛けたら最高でした♪

Von Koishi