Schlagwort: オランダ

【N】隔離脱走事件⁈

オランダより、ショッキングなニュースです。今回は「隔離脱走事件」について書きます。 アムステルダム空港(AMS)付近のホテルに隔離中であった、スペイン人男性とポルトガル人女性の夫妻が、隔離場所から脱走したと報じられました。この男女は、隔離場所を離れた後、スペインに向かう航空機内で身柄を拘束されたとのことでした。 この男女は、ここ数日騒がれている疫病の新種「オミクロン」の感染者が見つかった南アフリカからの航空機に搭乗していたとのことで、隔離対象とされていました。南アフリカからの到着便2便の搭乗客計約600人のうち、61人がオランダ到着後の検査で陽性と判定されたと速報で報じられていました。 人数の多さに大きな衝撃を与えたと同時に、当ニュースに関連する記事で、オランダのアムステルダム空港での検査について色々と指摘がなされていました。 まず、陽性患者が見つかった便の搭乗者全員、互いに十分な距離が取れない場所で長時間に渡り待機を命じられたことです。長時間息苦しい状況で、マスクを外す人たちが多かった、とその場に居合わせた方々が各メディアの取材で回答されています。検査を担当する人手不足もあってか、長時間待機を余儀なくされたそうですが、非常に空気感染のリスクが高いかもしれないと言われていることから、待機場所でクラスターが起こるリスクも十分に考えられます。 また、陰性と判断された方々は、あっさりと解放された方々も多かったそうで、日本のように公共交通機関使用自粛等なく、鉄道やバスなどを利用してそのまま帰宅する方々も多かったようです。 この度大きく「隔離施設より脱走」と報じられた2名については、その後「警察や医療機関は私たちに出て行けと言ったので、午後のフライトを予約し飛行機に搭乗したところ、名前を呼ばれて身柄を拘束された」と証言していると報じられました。 このニュースが最初に報じられた際、「どうやってホテルから脱走したのかは不明」と各社で報じられており、そんなに簡単に抜け出せるものなのかと意見がありましたが、本人たちの証言通りであれば、オランダの管理体制に非常に大きな欠陥があったと言えます。 この2人のうち、1人だけが陽性だったということですが、現在は2人とも別々の病院内で隔離をされているとのことです。 オランダでは、自らが疫病の陽性であると知りながら外出すること自体は「刑罰の対象外」とされてはいるものの、「航空機に搭乗することは別問題であり、多くの人々を感染リスクに晒した」とのことで、当該男女2名は近く刑事訴追される見通しです。 にほんブログ村

【D】オミクロン出現!旅行の見通し

目下流行中の疫病の、新たな変異種がつい先日発見されたことで、世界中に激震が走りました。今回は、現在の時点で報道されている情報のまとめと今後の見通し(僕の私見)について書きます。 新たな変異種が見つかる度に、ギリシャ文字のアルファベットが名称として当てられますが、つい先日見つかりました、主にアフリカで発見された種類は「オミクロン」と名付けられています。世界を震撼させたインド型「デルタ」よりもさらに強力な感染力があると伝えられています。既にヨーロッパでもオミクロン感染者が発見されているそうです。現在の時点で既にオミクロン感染者の存在が報告されている国は、下記の通りです。 南アフリカ ボツワナ イスラエル 香港 オーストラリア ベルギー(欧州最初に発見) イギリス イタリア オーストリア オランダ チェコ デンマーク ドイツ 欧州内では、オランダ国内が最も件数が多く、南アフリカからの到着便搭乗者61名が疫病に感染していたことが報告されました。検査の結果、61名のうち13名がオミクロン感染者だったとのことです。 早速このオミクロンの感染拡大に対応すべく、外国人の入国をいち早く禁止することにしたのがイスラエルです。そしてイギリスも続き、南アフリカとの航空便を制限することを発表しました。 この度の日本の対応は非常に早く、既に外国人の入国を制限するとの発表がありました。その他隔離措置に関しても、昨年と比べより厳格なルールが適用されるそうです。 昨年に関しては、僕自身が日本に渡航致しまして、かなりの「ザル状態」を目の当たりにしたので、今年の対応は随分早く、非常に素晴らしいと感じております。 一方のヨーロッパはと言いますと、多くの国の政府が国民に対してワクチン接種を急がせてはいるものの、なかなか接種率が上がらない状況が続いています。先日オーストリアが来年の2022年2月よりワクチン接種を義務化すると発表、かなりの物議を醸し、各地で大規模なデモが起こりました。…

【D】オランダ・ギリシャが「リスク地域」指定へ

今年2021年は、昨年2020年と違いワクチン接種が進んでいるので、重症化する患者数や死者数は減ってはいるものの、昨年と同様、夏休み時期に人の移動が増えると同時に、罹患率が急激に上昇しています。旅行を計画されている方は、日々変化する情報に注意しなければなりません。 ドイツでは、疫病の蔓延状況のカテゴリを下記の4つに分類しています。 Virusvariantengebiete Hochinzidenzgebiete einfache Risikogebiete Kein Risikogebiet(nicht mehr als Risikogebiet) ※上記名称は、ロベルトコッホ研究所発表情報を参照。 1~3のカテゴリの国での滞在後、ドイツに来る(戻る)場合、電子登録「Digitale Einreiseanmeldung」が必要です。 1が最も疫病蔓延度が高く、旅行が推奨されないエリアです。ドイツ入国前に滞在歴がある場合は、ワクチン接種を受けたとしても、ドイツ入国後14日間の隔離措置が課されます。隔離期間の短縮は認められておらず、さらに公共交通機関の利用が禁止されています。 2や3は、ワクチン接種証明書、陰性証明書などが提示可能な場合は、隔離措置は早期終了が認められる、または免除されます。 4は、原則的に特に何も手続等することなく旅行は楽しめますが、旅行先の国で定められているルール(電子申告等)に従ったり、特に飛行機の移動の場合は、陰性証明書の提示が求められることがあります。 本日(2021年7月18日)付で、オランダやギリシャが4から3へ変更となりました。先日ふらりとオランダへ日帰り旅行を楽しみましたが、もうそのようなことは当面出来なくなってしまいました。ドイツ西部に住む僕にとって、オランダは最も気軽に行きやすい「外国」だったので、今回の変更は非常に残念です。ギリシャへも「マイル修行・ステータス修行」で行きたいと考えていたのですが、当面難しくなってしまいました。 実は今週末、オランダから友人がドイツに遊びに来てくれていました。オランダでの罹患率が急激に上がり、ドイツへの旅行に関して不安を持っているようでしたが、どうにかギリギリセーフでした。日々状況が目まぐるしく変わる中、旅行を直前になってキャンセル・変更を検討される方も多いことでしょう。友人は思い切って来れて、そしてギリギリセーフで本当に良かったと喜んでいました。 友人は、デュッセルドルフでの久々の日本食や買い物を楽しんで行きました。僕も一緒に美味しい食事が出来て嬉しかったです。…

【D】オランダ旅行

ここ最近、疫病に対する規制が緩和されたと思ったら、あっという間にまた感染者数が増えて来ている状況です。せっかく夏休みで旅行を楽しめる季節になりましたが、また厳格な規制がいつ開始されるのか、心配なところです。今回は「今のうちに行っておきたいオランダ」に日帰り旅行をして参りましたので、その際の様子について書きます。 ドイツからオランダへの旅行は、目下飛行機で旅行する場合には、陰性証明書が必要となりますが、例えば列車、バス、車などで旅行する場合は、不要です。オランダは、NRW州からは隣接しており非常に近いですし、気軽に行ける点が魅力です。オランダは、現在持ってる定期券の旅でアーネムやフェンロには行きましたが、大好きなアムステルダムへは随分行けていない状況でした。FLIX BUS(フリックスバス)のバスチケットの値段を調べたところかなり安かったので、出掛けることに致しました。 バス代はデュッセルドルフ中央駅からアムステルダム・Sloterdijk(スローターダイク)駅まで、片道24.99ユーロで、非常に安かったです。僕は今までアムステルダムへは飛行機かICEで行くことが多かったので、初めてのバス旅でした。途中デュイスブルク中央駅で停車する以外停留所はなく、道路も特に混んでおらず順調にアムステルダムに到着することが出来ました。 アムステルダムに到着後、オランダ在住の友人といきなり会うことになり一緒にランチを楽しみました。前からきちんと会おうと約束をしていたわけでもなく、当日いきなり会うことになったのですが、色々とおもてなしを頂きました。 なんとアムステルダムで、美味しいラーメンに出会いました。HINATA whiteというラーメンは、あっさりしていて、またゆずの香りが良く、優しい味で美味しかったです。 ランチ後に友人は仕事に戻り、また仕事終わりの時間に会おうという話になり、その間の時間を利用して、オランダと言えば風車!ということで、Zaanse Schans(ザーンゼースカンス)に行って参りました。 あいにくな天気ではありましたが、優雅な景色を楽しむことが出来ました。アムステルダム在住の友人に、美味しいお店やオシャレなカフェなど色々と教えてもらえました。この街には何度も来たことがありますが、これまではずっと宛もなくふらふらする感じだったので、僕が知らないお店はまだまだたくさんあります。それに、実際にその場所に住んでいる人に教えて頂くお店って、特別感がありますね。 じっくり滞在を楽しみたかったので、帰りは、遅めの時間出発の超特急列車ICEを利用しました。現在、ドイツとオランダの間の路線(アーネム経由)が工事中で不通のため、大回りの迂回中です。その関係で、当日購入でも値段が安かったです。 ドイツよりも早く、そして規制が緩やかなオランダでしたが、先日別記事で書きました通り、大きなクラスターが発生しました。また、7月14日では1日の感染者数が1万人を超えてしまいました。街を歩いている感じ、繁華街は非常に賑わっておりましたし、ドイツよりも随分自由な雰囲気を感じました。また、フランス語や英語話者が多く、きっと旅行者も相当多かったのかな、という印象でした。 実はバスのチケットは、色々調べているうちに、想定外の日を間違って購入してしまった訳なのですが、早い段階で遊びに行けて幸運だったかもしれません。また近距離で旅行出来そうな場所があれば、楽しんで参ります。 にほんブログ村

【N】オランダのナイトクラブでクラスター発生

ドイツの隣国、オランダより非常にショッキングなニュースです。 ドイツと国境を接するオランダの街・Enschede(エンスヘーデ)のナイトクラブで、疫病のクラスターが発生し、感染者の数は200人に上ると報じられております。オランダでの大幅な規制緩和が発表されてわずか2週間での出来事です。 オランダではドイツよりも早く規制緩和措置がなされ、先月26日からナイトクラブの営業も許可されたところでした。エンスヘーデは、ドイツのNRW州と接している街で、ドイツからも非常に観光客の多い街として知られており、規制緩和後は多くのドイツ人旅行者で賑わっていたようです。 尚、このクラスターが報告をされたナイトクラブでのイヴェントでは、チケット購入の際は、個人情報とオランダ保健局による疫病追跡システムと連動、さらには入場時に陰性証明書の提出が求められていました。約600人がパーティイヴェントに参加したところ、クラスター発生が確認されました。 オランダ政府の発表によると、直近の罹病率の上昇に繋がる主な原因はナイトクラブであると言及し、本日(2021年7月10日)より、来月8月13日までの間、深夜~早朝の営業が停止、一定の距離が保たれない(座席の指定等がない)大人数でのイヴェントは当面禁止となりました。 オランダでは昨日時点で、24時間以内で約7000件の新規感染者が報告されています。規制緩和が発表される前の先月の中旬で1000件を超えない程度の数からの大幅な上昇となります。 オランダでの規制が本日より一時厳しくなる一方、ドイツ・NRW州では逆に規制が緩やかとなります。エンスヘーデでのクラスター発生を受けて、ドイツ・NRW州側も非常に警戒の姿勢を強めています。 目下、ドイツからオランダへの旅行制限については報じられておりません。 にほんブログ村

【D】定期券の週末特典!鉄道オランダ旅行

先日購入した定期券「Ticket 2000」で、オランダ旅行を楽しんで参りました。今回は、Arnhem(アーネム)への旅行について書きます。 過去記事でも紹介致しましたが、僕が現在所有している定期券で、週末にオランダの一部地域に追加料金なしで行くことが出来ます。許容されているエリアは、下記の3エリアです。 Venlo(フェンロ) Arnhem(アーネム) Nijmegen(ネイメーヘン) 実はフェンロへは、以前デュッセルドルフ在住だった頃にかなり行っていたので、まだ行ったことがなかったアーネムに興味がありました。アーネムへは「Rhein-IJssel Express(RE19)」という列車で行くことが出来ます。ドイツ側の始発駅はデュッセルドルフ中央駅で、終点のアーネム中央駅までは、1時間48分で結ばれています。 「Rhein-IJssel Express(RE19)」は、2017年4月6日のダイヤ改正によって誕生しました。それまでは同線でドイツから国境を越えてオランダ方面に向かう列車は、超特急列車ICEしかありませんでした。ICEは、Oberhausen(オーバーハウゼン)駅からオランダのアーネムまで停車しません。そしてその当時、特急料金が掛からない列車は、オランダとの国境手前のEmmerich am Rhein(エメリッヒ・アム・ライン)駅までの運行でした。 「Rhein-IJssel Express(RE19)」の新設により、デュッセルドルフ中央駅からアーネムまで、特急料金が掛からず直通で、さらに「Ticket2000」でも追加料金なしで行くことが出来るようになったのは非常に画期的です。 ドイツからの列車でオランダの国境付近を通過する際、車内で検札の方による乗車券確認が行われます。ドイツには切符の改札口がないので、車内での確認が行われます。この路線の場合、やや特殊な事情があります。それは、オランダの駅のほとんどは改札口があります。アーネム中央駅には自動改札口があり、スキャンするものが必要となります。そこで必要なものが「Key Card」というもので、検札の切符確認の際に受け取ることが出来ます。もちろん無料で受け取れます。 Key Cardはアーネムからまたドイツに戻る際にも必要ですし、最初に利用した日から8日間有効だそうです。Ticket2000を継続購入している方には、プラスチック製カードが発行されています。プラスチック製カードをお持ちであれば、チップが内蔵されているので、そのカードをアーネム中央駅でも利用可能で、Key cardは不要です。 アーネム中央駅に到着後、趣味である撮り鉄を楽しみました。普段なかなか見ることがない僕にとっては珍しい車両がたくさんいて、非常に楽しかったです。…

【D】ドイツの便利な定期券

ドイツに戻って以来、しばらくは外出自粛生活をしておりましたが、ここのところ疫病の勢いが緩やかになり、規制が緩和されつつあります。外出の機会も増えて来たところで、公共交通機関の定期券を購入しました。今回は、Ticket2000について書きます。 まずドイツの定期券について特徴を紹介します。ドイツで利用可能な公共交通機関は、列車、バス、地下鉄、トラムがあります。ハンブルクのようにフェリー、ヴッパータールのようにモノレールが利用出来る街もあります。 基本的には「どの路線のどの駅まで」という路線や区間の縛りがなく、自分自身が指定したエリア内の公共交通機関を自由に利用することが可能です。ドイツ全体・各交通組合でこのシステムが採用されております。 例えば、僕が現在住んでいるクレーフェルトという街の中央駅から、デュッセルドルフ中央駅に向かう方法は、列車、地下鉄、バスがあります。また、定期券が「エリア制」で有効なので、デュッセルドルフ市内も自由に移動が可能となります。普段の通勤や通学などの決まった場所に行く場合と、その途中区間のみ有効なものではなく、「指定エリア内」で自由に公共交通機関を利用出来るのは、非常に便利です。僕は個人的に、日本からやって来たばかりの頃、非常に感動したことを覚えております。 僕は以前東京に住んでいたことがあり、その当時は池袋から渋谷までのJR定期券を持っておりました。途中の新宿で用事をする際は途中下車可能でしたが、例えば沿線を少しでも逸れたエリアに行く際は、別途切符を買わなければなりませんでした。ドイツのイメージで当てはめるならば、JR沿線以外の周辺区域も含め、地下鉄、バスでも移動可能となるといったところでしょうか。 僕が住んでいる街のエリアは、Verkehrsverbund Rhein Ruhr(VRR)という、日本語に訳すならば「ラインルール交通組合」に所属しています。デュッセルドルフ、デュイスブルク、ドルトムント、エッセンなどの大都市が代表的です。VRRにはTicket1000とTicket2000という名称の定期券が販売されています。2つの定期券の特徴は下記の通りです。 ☆☆☆Ticket1000とは☆☆☆ 本人限定(利用時身分証明書必要) Ticket2000に比べると値段が少し安め 平日19時以降及び週末・祝日に、6歳~14歳までの子供3人まで同乗可能 利用可能エリアは、定期券購入時指定したエリア内のみ有効 ☆☆☆Ticket2000とは☆☆☆ 貸し借り可能/本人限定かを選択可能 自転車持ち込み可能 平日19時以降及び週末・祝日に、大人1人と、6歳~14歳までの子供3人まで同乗可能 平日19時以降及び週末・祝日に、VRRエリア乗り放題 参照URL:https://www.vrr.de/de/tickets-tarife/tarifgebiete-regionen-preisstufen/ Ticket2000は、平日の19時以降、週末と祝日は終日VRR所属エリア全てが乗り放題になるという大きな特典があります。Ticket1000とTicket2000は値段が違いますが、同エリア1ヵ月当たりの価格差は約10ユーロ程度です。普段定期券で利用しているエリア外への週末旅行を行った場合、金額的にはすぐに元が取れてしまいます。…

【D】コロナ禍のドイツ入国

無事、ドイツに戻って参りました。今回は、ドイツに戻る際に必要な手続きについて書きます。 現在ドイツでは、世界的疫病の変異種の流行を受け、シェンゲン協定加盟国内の移動でも、まるで国境審査のような管理体制が敷かれています。 ドイツに入国する全ての方は、下記のサイトをご覧の上、必要情報をご登録ください。 Digitale Einreiseanmeldung(入国電子申告) URL:https://www.einreiseanmeldung.de/#/ ※当日紙で提出することも許されているようでした。 上記の例は、目下(2021年4月3日時点)日本から直行便でドイツに向かう場合には、日本が危険地域として評価されていないので、「登録そのものが不要」です。評価がいつどのタイミングで変わるか不明なので、必ず出発日前日には遅くとも最新情報をご確認されることを推奨致します。 僕の場合は、日本(関西)を出発し、オランダ(アムステルダム)とギリシャ(アテネ)を経由しました。 国を追加するメニューに進み、危険地域での滞在時間数が24時間以上あるという項目が複数並んでいる中、「該当なし」という項目があったので、そちらを選択しました。変な旅程ではありますが、一応「24時間以内」の「乗継」です。 登録自体はインターネット環境さえあればすぐに行うことが出来ます。空港の無料Wifiサーヴィスを利用し、スマートフォンから登録を済ませました。メールアドレスの確認メールは届きましたが、それ以外控えのようなものは届かなかったので、画面のスクリーンショットを撮っておくと良いです。 ちなみに、ギリシャ・アテネ空港(ATH)では、荷物を預ける際、搭乗手続きの際と2回登録の有無を確認され、ドイツ到着後も登録画面を見せるよう求められました。念のためスクリーンショットを撮っておいて良かったです。 ドイツ到着後は、空港到着時にパスポートと滞在許可証のカードのみ確認されただけでした。結構色々と質問をされるかなと心配しておりましたが、あっさりと入国することが出来ました。ドイツの「いわゆる永住権」を所持しているので、あれこれ質問されず簡単だったのかもしれません。 ご出張の方、VISAの現地取得予定の方は、飛行機を降りてすぐの場所で色々と質問されるかと思いますので、重要書類はすぐに出せるように、準備を整えておくと良いと思われます。

【J】日本入国時の新たな水際対策強化措置

つい先日、日本入国時の新たな水際対策措置についての発表があり、日本時間の令和3年(2021)年3月5日午前0時より適用開始となりました。昨年12月に僕が日本に入国した頃と大きく異なっている点について紹介致します。 厚生労働省のHPには、まず下記のような記述がなされてあります。 海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)加えて、海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について誓約いただくことになりますが、「誓約書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。また、誓約に違反した場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となり得るほか、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。 <検査証明について>検査方法については、「核酸増幅検査(Nucleic Acid Amplification Test)のPCR(polymerase chain reaction)法、LAMP(Loop-mediated isothermal amplification )法、TMA(Transcription Mediated Amplification)法、TRC(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)法、Smart Amp(Smart Amplification procecc)法、NEAR(Nicking…

【J】コロナ禍の日本入国

先日、欧州より日本にやって参りました。 「今この時期に日本に行きたいけれど、入国の状況がどのようになっているかが不安」という方々のために、今回は自分自身の体験について書きます。尚、当ページの情報は2020年12月時点での情報であることにご留意ください。 僕はキプロス(ラルナカ)→ギリシャ(アテネ)→オランダ(アムステルダム)→フランス(パリ)→日本(関西)というルートで日本に向かいました。このような特殊なルートになった背景は、関西空港(KIX)に向かえる航空会社の数が限定的であったことと、PCR検査や隔離などの制限措置を避けるためです。 この当時、日本に向かう場合は「24時間以内の乗り継ぎであればPCR検査不要」という状況でしたが、キプロスからギリシャに向かう時点、つまりギリシャ入国時点でPCR検査の陰性証明書がないと飛行機に乗せてもらえないという状況でした。 このように、最終目的地では検査不要でも、中継地点の国で書類提出を求められる場合がありますので、注意が必要です。 キプロス国内ではPCR検査は非常に受けやすく、特に予約も不要でした。また、費用は55ユーロと手頃でした。検査結果はメールにてPDF形式で送信されるので、空港でチェックインの手続きをするまでに印刷して手元に保管しておく必要がありました。 オンラインチェックインが前日に出来ず、搭乗日当日は空港のカウンターにて手続きをする必要がありました。その際に最終目的地を確認、PCR検査結果を見せ、荷物を預けてチェックイン、という流れでした。 非常に長い旅路を経て、日本に到着すると、QRコードを取得しているかの確認が行われました。実はその手続きを知らないまま渡航してしまい、空港に設置されてあるパソコンを借りて、急いで登録を致しました。 ※QRコード及び、日本入国に関する手続きについては、厚生労働省及び検疫所のHPで最新情報をご確認いただくことを推奨致します。 参照URL:https://www.forth.go.jp/index.html QRコードが確認されると、唾液検査用のキットを受け取り、各自唾液を容器に採取し提出、その後待合スペースにて、自身の判定を待ちます。 概ね30分程度の待ち時間だったかと思われますが、自分自身の結果が陰性だったということが分かり、陰性者用順路を進み、その後入国審査へと進みました。 入国審査が終わり、荷物を受け取り、税関通過、その後空港の到着ロビーへと進んみました。基本的にその間の「見張り役」のような方はいらっしゃらず、公共交通機関は利用しないようにと「要請」はされているものの、特に罰則もなく強制ではないということが影響しているのか、「水際対策強化」を謳っている割には、随分な「ザル状態」でした。 また、入国後14日間は自主隔離が要請されていますが、これもまた実質的に自由な行動が許容されており、保健所からの確認の連絡というものもありませんでした。これは、滞在先の管轄保健所によって対応がまちまちで、頻繁に連絡が来る自治体と、そうでないところがあるようでした。僕の場合は、一度も連絡がないまま自主隔離期間を満了致しました。 以上が僕自身の「コロナ禍の日本入国体験談」です。ご参考に頂けますと幸いです。