Schlagwort: ギリシャ

【D】祝!ゴールド会員達成!

先日、エーゲ航空のゴールド会員資格を取得すべく、強引に旅行して参りました。今回は、「エーゲ航空・ゴールド会員」について書きます。 以前の記事で書きました通り、エーゲ航空から謎の対応をされ、今年ゴールド会員になることは難しいかと思われましたが、無事にゴールド会員になることが出来ました! 旅行後に会員ページにログインすると、ゴールド会員になれたことが確認出来ました。エーゲ航空のホームページのデザインが大きく変わったようです。 しかし本日、実際に僕の手元に届いたカードは、旧デザインのものでした。恐らくタイミングが少々ずれていたら、新デザインのものだったかもしれません。カードコレクターとして、異なるデザインのものが手に入り、しかも新デザインに切り替わる間際で手に入れることが出来て嬉しい限りです。 さて、ゴールド会員になればどのような特典があるかと言いますと、自社便(エーゲ航空やオリンピック航空)利用時は、 獲得マイレージ数が20%増 前方座席指定料金が50%割引 ビジネスクラスアップグレードクーポン4回分付与 上級会員ホットライン利用資格 出発48時間前までの座席確約 などの特典が受けられるようになります。また、エーゲ航空は「スターアライアンス」の一員でもあるので、エーゲ航空以外のスターアライアンス系の航空会社の利用時にも、空港ラウンジが利用出来たり、預け荷物の重量に関して優遇を受けられます。 ただし、エーゲ航空のゴールド会員は「スターアライアンスゴールド」という地位が必ずしも約束されているわけではないようで、北欧などの一部の空港で「スターアライアンスゴールド会員向けラウンジ」が利用出来ないことがあるそうです。共通のサーヴィスが受けられるかと思いきや、そうではないようですので、注意が必要です。 スターアライアンス系航空会社の中で、「最もゴールド会員になりやすい」と言われているエーゲ航空ですが、僕自身もいくつかの航空会社の会員になり試した結果、確かにその通りだと言えそうです。 ゴールド会員になるためには、基準となる1年間の期間(人によって異なります)の間に、24000ステータスマイルを獲得する必要があります。24000ステータスマイルと言うと、格安運賃などを利用する場合は、ポイント積算率が下がってしまうので、例えば欧州~日本間往復を3~4回行っても足りないことがあります。長距離のフライトで格安航空券を利用しない場合、例え同じエコノミークラスの座席だったとしても、ポイント獲得のためだけにかなりの出費をすることになってしまいます。 しかし実は、エーゲ航空のゴールド会員になる方法はもう1つあります。同様に基準となる1年間の間に、エーゲ航空もしくはオリンピック航空の運航便に少なくとも4回搭乗の上、12000ステータスマイルを集める方法です。こちらの条件だと非常に簡単で、年間2回、もしくは乗継便を利用して1回、ギリシャ方面に行けば、ハードルがかなり下がるということになります。 さらに、ギリシャ~キプロス間やキプロス~イスラエル間のビジネスクラスが非常に安い価格帯で設定されていることが多く、それらの路線で安い航空券を購入することが出来れば、ゴールド会員には、比較的低予算で簡単になることが出来そうです。ビジネスクラスは、あくまで「国際線」が狙い目です。離島などのギリシャ国内線区間はポイント積算率が下がるので、あまり推奨致しません。 ヨーロッパ在住者にとっては、ギリシャ発着の便を年に数回利用することが出来れば、比較的簡単にゴールド会員になることが出来ます。ゴールド会員になった後は、スターアライアンス系航空会社利用時に、快適な旅を楽しむことが可能となります。 僕はこれまで、メインでスカイチーム系航空会社のマイル修行・ステータス修行を行っておりましたので、今後スターアライアンス系航空会社が就航している場所へ旅行しやすくなりました。スカイチーム系マイル修行のためになかなか行くことが出来なかった、敢えて行かなかった都市へ、今後はどんどん繰り出して行きます。 ↑記念撮影(顔面加工済み自撮り) にほんブログ村…

【D】オランダ・ギリシャが「リスク地域」指定へ

今年2021年は、昨年2020年と違いワクチン接種が進んでいるので、重症化する患者数や死者数は減ってはいるものの、昨年と同様、夏休み時期に人の移動が増えると同時に、罹患率が急激に上昇しています。旅行を計画されている方は、日々変化する情報に注意しなければなりません。 ドイツでは、疫病の蔓延状況のカテゴリを下記の4つに分類しています。 Virusvariantengebiete Hochinzidenzgebiete einfache Risikogebiete Kein Risikogebiet(nicht mehr als Risikogebiet) ※上記名称は、ロベルトコッホ研究所発表情報を参照。 1~3のカテゴリの国での滞在後、ドイツに来る(戻る)場合、電子登録「Digitale Einreiseanmeldung」が必要です。 1が最も疫病蔓延度が高く、旅行が推奨されないエリアです。ドイツ入国前に滞在歴がある場合は、ワクチン接種を受けたとしても、ドイツ入国後14日間の隔離措置が課されます。隔離期間の短縮は認められておらず、さらに公共交通機関の利用が禁止されています。 2や3は、ワクチン接種証明書、陰性証明書などが提示可能な場合は、隔離措置は早期終了が認められる、または免除されます。 4は、原則的に特に何も手続等することなく旅行は楽しめますが、旅行先の国で定められているルール(電子申告等)に従ったり、特に飛行機の移動の場合は、陰性証明書の提示が求められることがあります。 本日(2021年7月18日)付で、オランダやギリシャが4から3へ変更となりました。先日ふらりとオランダへ日帰り旅行を楽しみましたが、もうそのようなことは当面出来なくなってしまいました。ドイツ西部に住む僕にとって、オランダは最も気軽に行きやすい「外国」だったので、今回の変更は非常に残念です。ギリシャへも「マイル修行・ステータス修行」で行きたいと考えていたのですが、当面難しくなってしまいました。 実は今週末、オランダから友人がドイツに遊びに来てくれていました。オランダでの罹患率が急激に上がり、ドイツへの旅行に関して不安を持っているようでしたが、どうにかギリギリセーフでした。日々状況が目まぐるしく変わる中、旅行を直前になってキャンセル・変更を検討される方も多いことでしょう。友人は思い切って来れて、そしてギリギリセーフで本当に良かったと喜んでいました。 友人は、デュッセルドルフでの久々の日本食や買い物を楽しんで行きました。僕も一緒に美味しい食事が出来て嬉しかったです。…

【D】ドイツ・ワクチン接種は個人の自由意志を尊重⁈

「ドイツではワクチン接種を強制せず、自由意志を尊重したい」と、Angela Merkel(アンゲラ・メルケル)首相とJens Spahn(イェンス・シュパーン)保健相が、本日ロベルトコッホ研究所を訪問の際に明言しました。いくつかのEU加盟国より、来たる第4波に対して「ドイツが自由意志を尊重する意義」について問われています。今回は、ヨーロッパワクチン接種の強制の議論について書きます。 ドイツでの本日発表時点でのワクチン接種率は、最低目標値85%に対して、 少なくとも1回目の接種済み 58.7% 接種完了(vollständig) 43% という状況です。 本日、ドイツ北部・キール大学キャンパス内にて「予約なしで受けることが出来るワクチン接種」が行われたという様子がTV番組で紹介され、少なくとも280人が接種を受けたとのことです。このような予約なしでワクチン接種が受けられるという動きは、既に各所で始まっており、僕が住んでいる街でも実は先週末から始まっているようでした。 シュパーン保健相は、市場、運動施設、教会や宗教施設隣接地など、ワクチン接種を希望する人に対して、接種が受けやすい機会を整える、ワクチン接種率の速度を上げて行くことの必要性について話しました。 今後の状況によって変更となる可能性は否定されていないものの、まずは今の段階ではドイツは「ワクチン接種の強制」については否定的な立場です。 一方フランス政府は、医療従事者、介護施設で働く全ての人々に対して、2021年9月中旬までにワクチン接種義務を課すことが発表されました。ワクチン接種がなされない場合は、就業が許されないか、給与支払いが停止されます。10月以降のフランスへ旅行をする場合は、 ワクチン接種を完了した場合 疫病の陰性を証明出来る場合 罹患後回復した場合 のみに限られ、飲食店の利用や各種サーヴィスを受ける場合には、各自コロナ警報アプリやCovPassアプリの提示が必須となります。 ワクチン接種の強制に関しては、イタリアでは既に今年5月に開始されており、ギリシャは来月(8月)から、イギリスでは恐らく10月から導入される見込みです。 尚、イタリアではワクチン接種の強制について約300人が訴訟を起こし、明日(7月14日)に法定審問が予定されています。  

【D】コロナ禍のドイツ入国

無事、ドイツに戻って参りました。今回は、ドイツに戻る際に必要な手続きについて書きます。 現在ドイツでは、世界的疫病の変異種の流行を受け、シェンゲン協定加盟国内の移動でも、まるで国境審査のような管理体制が敷かれています。 ドイツに入国する全ての方は、下記のサイトをご覧の上、必要情報をご登録ください。 Digitale Einreiseanmeldung(入国電子申告) URL:https://www.einreiseanmeldung.de/#/ ※当日紙で提出することも許されているようでした。 上記の例は、目下(2021年4月3日時点)日本から直行便でドイツに向かう場合には、日本が危険地域として評価されていないので、「登録そのものが不要」です。評価がいつどのタイミングで変わるか不明なので、必ず出発日前日には遅くとも最新情報をご確認されることを推奨致します。 僕の場合は、日本(関西)を出発し、オランダ(アムステルダム)とギリシャ(アテネ)を経由しました。 国を追加するメニューに進み、危険地域での滞在時間数が24時間以上あるという項目が複数並んでいる中、「該当なし」という項目があったので、そちらを選択しました。変な旅程ではありますが、一応「24時間以内」の「乗継」です。 登録自体はインターネット環境さえあればすぐに行うことが出来ます。空港の無料Wifiサーヴィスを利用し、スマートフォンから登録を済ませました。メールアドレスの確認メールは届きましたが、それ以外控えのようなものは届かなかったので、画面のスクリーンショットを撮っておくと良いです。 ちなみに、ギリシャ・アテネ空港(ATH)では、荷物を預ける際、搭乗手続きの際と2回登録の有無を確認され、ドイツ到着後も登録画面を見せるよう求められました。念のためスクリーンショットを撮っておいて良かったです。 ドイツ到着後は、空港到着時にパスポートと滞在許可証のカードのみ確認されただけでした。結構色々と質問をされるかなと心配しておりましたが、あっさりと入国することが出来ました。ドイツの「いわゆる永住権」を所持しているので、あれこれ質問されず簡単だったのかもしれません。 ご出張の方、VISAの現地取得予定の方は、飛行機を降りてすぐの場所で色々と質問されるかと思いますので、重要書類はすぐに出せるように、準備を整えておくと良いと思われます。

【J】コロナ禍の日本入国

先日、欧州より日本にやって参りました。 「今この時期に日本に行きたいけれど、入国の状況がどのようになっているかが不安」という方々のために、今回は自分自身の体験について書きます。尚、当ページの情報は2020年12月時点での情報であることにご留意ください。 僕はキプロス(ラルナカ)→ギリシャ(アテネ)→オランダ(アムステルダム)→フランス(パリ)→日本(関西)というルートで日本に向かいました。このような特殊なルートになった背景は、関西空港(KIX)に向かえる航空会社の数が限定的であったことと、PCR検査や隔離などの制限措置を避けるためです。 この当時、日本に向かう場合は「24時間以内の乗り継ぎであればPCR検査不要」という状況でしたが、キプロスからギリシャに向かう時点、つまりギリシャ入国時点でPCR検査の陰性証明書がないと飛行機に乗せてもらえないという状況でした。 このように、最終目的地では検査不要でも、中継地点の国で書類提出を求められる場合がありますので、注意が必要です。 キプロス国内ではPCR検査は非常に受けやすく、特に予約も不要でした。また、費用は55ユーロと手頃でした。検査結果はメールにてPDF形式で送信されるので、空港でチェックインの手続きをするまでに印刷して手元に保管しておく必要がありました。 オンラインチェックインが前日に出来ず、搭乗日当日は空港のカウンターにて手続きをする必要がありました。その際に最終目的地を確認、PCR検査結果を見せ、荷物を預けてチェックイン、という流れでした。 非常に長い旅路を経て、日本に到着すると、QRコードを取得しているかの確認が行われました。実はその手続きを知らないまま渡航してしまい、空港に設置されてあるパソコンを借りて、急いで登録を致しました。 ※QRコード及び、日本入国に関する手続きについては、厚生労働省及び検疫所のHPで最新情報をご確認いただくことを推奨致します。 参照URL:https://www.forth.go.jp/index.html QRコードが確認されると、唾液検査用のキットを受け取り、各自唾液を容器に採取し提出、その後待合スペースにて、自身の判定を待ちます。 概ね30分程度の待ち時間だったかと思われますが、自分自身の結果が陰性だったということが分かり、陰性者用順路を進み、その後入国審査へと進みました。 入国審査が終わり、荷物を受け取り、税関通過、その後空港の到着ロビーへと進んみました。基本的にその間の「見張り役」のような方はいらっしゃらず、公共交通機関は利用しないようにと「要請」はされているものの、特に罰則もなく強制ではないということが影響しているのか、「水際対策強化」を謳っている割には、随分な「ザル状態」でした。 また、入国後14日間は自主隔離が要請されていますが、これもまた実質的に自由な行動が許容されており、保健所からの確認の連絡というものもありませんでした。これは、滞在先の管轄保健所によって対応がまちまちで、頻繁に連絡が来る自治体と、そうでないところがあるようでした。僕の場合は、一度も連絡がないまま自主隔離期間を満了致しました。 以上が僕自身の「コロナ禍の日本入国体験談」です。ご参考に頂けますと幸いです。  

【Z】規制緩和中のギリシャ旅行

世界中で流行中の疫病の影響で、なかなか旅行することが難しい状況が続いておりますが、前回に引き続き、規制が緩やかになった瞬間を狙ってギリシャ旅行に出掛けて参りました。 今回は、クレタ島旅行について書きます。 僕が生活をしているキプロス島から、ギリシャ・クレタ島は飛行機で直行便があれば1時間程度で行ける場所です。が、僕の旅程と直行便が飛んでいる日とスケジュールが合わず、行きはギリシャ・アテネ経由で向かいました。帰りは直行便で非常に楽でした。 ギリシャ・クレタ島に行こうと思ったきっかけは、同僚で非常にクレタ島に詳しい方がいらっしゃり、非常に興味を持ったところ、航空会社からのメールマガジンで、安い航空券の値段がタイミング良く発表されたところだったので即予約をしました。 例の疫病の警戒レヴェルは国によって異なり、さらに目まぐるしく変化するので、ギリシャがカテゴリーA(低リスク)のうちにどうしても旅行したかったのです。しかも、クレタ島に行くのは初めてだったので非常に楽しみでした。 アテネ空港(ATH)に到着後、空港で「無作為に行われる」PCR検査で僕が選ばれました。他の人たちはスルーしていたのに、僕だけ選ばれたのは…アジア人という見た目での判断だったのでしょうか。分かりませんが、ギリシャに入国する手前で、検査を受けさせられました。結果については何も分からないまま、ギリシャへ入国、ギリシャ国内線へと乗り継ぎました。 クレタ島・イラクリオ空港(HER)に到着後、すぐに市内バスに乗り込み、中心部へ移動しました。空港からは一直線の道で、概ね20分程度でした。タクシーにしようかなと一瞬思ったのですが、バスの本数は非常に多く便利そうでした。 イラクリオ空港は現在は海沿いにありますが、山間・内陸部への移設の話があるそうです。もしかしたらこの空港に降り立つのは最初で最後⁈と思いながら、美しい景色を堪能致しました。 クレタ島には、多くの博物館があり、歴史的な建造物・遺跡など見どころはたくさんあります。旅行日数が短く、僕が訪れたのはイラクリオの街と遺跡のあるクノソスのみでしたが、かなり楽しめましたし、また訪れたい場所の一つになりました。 例の疫病のことを忘れさせてくれるような、非常に開放的でのんびりとした雰囲気が素敵でしたし、忘れられない良い思い出となりました。 クレタ島と言えば、オリーヴオイルが有名だそうです。僕は個人的にオリーヴオイルはそんなに好きではなかったのですが、キプロスに住むようになってからというもの、大好きになりました。キプロス島のものも美味しいですが、クレタ島のものはまたさらに美味しさが格別な気がしました。ちなみに、クレタ島産の上等なオリーヴオイルは、キプロス島内のスーパーマーケットでも普通に購入可能なようなので、戻ったら購入して試してみます。 オリーヴオイルだけでも飲めてしまいそうな!そんな美味しくて癖になりそうな味でした。生野菜、サラダに掛けたら最高でした♪

【Z】ギリシャ語学習

ドイツからキプロスに移住し、少々ギリシャ語の勉強を致しました。ギリシャ語についてはずっと前から興味はあったものの、なかなか勉強する機会がなかったのですが、ギリシャ語が話されている島に移住したので、勉強してみようと思い、クラスに申し込みました。 今回は、「キプロスでのギリシャ語」について書きます。 キプロスでは、外国人向けに無料ギリシャ語講座が開催されているという噂を聞き、同僚たちから情報を集めて調べたところ、残念ながら「以前は存在したが現在はもうない」ということでした。また同僚たちからは、キプロスではイギリスの影響を受けており、一応英語も公用語であるため、ギリシャ語をわざわざ学ばなくても、十分外国人は生きて行けるということで、ギリシャ語って実はそんなに必要ではないと思われがちなようでした。実際、ギリシャ語を習おうとしている人もそう多くないようで、勉強したければプライヴェートの語学学校に行く感じのようでした。 僕の場合は、偶然自宅近くの、市役所の建物内で行われている格安の語学コースを見つけたので参加しました。 レメソス・アイオスアサナシオス「Agios Athanasios OPEN SCHOOL」 URL:http://www.openschoolcy.com/lessons/ 一応、語学レヴェルでは、初心者クラスA1から初級クラスA2までを受講しました。B1クラス以上は人数が集まらなかったため、開講されず残念ではありましたが、十分に会話は出来ないけれども、なんとなく理解が出来る程度のレヴェルにて終了致しました。 ギリシャ語が少々分かるようになって来て、ギリシャにも遊びに行きましたが、ギリシャ人とギリシャ系キプロス人のギリシャ語ってかなり違うということに気付きます。 方言と言うか、時には別言語レヴェルと言える程の違いがあります。キプロス人が話すギリシャ語は、古代ヘレニック語、キプリアカ(Κυπριακά)と呼ばれ、現代ギリシャ人たちが使用しない言葉があるようです。 ☆☆☆面白い方言⁈☆☆☆ δαμέ: ここ、ここに τζαμέ: あそこ、あそこに άντε: おいおい!おやまぁ!(リアクションとしての意味多数) ρέ:…