Kategorie: Nachrichten

【D】ドイツ国産大麻の販売開始へ

ドイツでは2017年3月の法改正を機に、医療用としての大麻使用が合法化されました。そして今年2021年7月、ドイツ国産大麻が一般の薬局での販売が開始されることとなりました。今回はそのニュースについて書きます。 Betäubungsmittelgesetz(BtMG)という法律により、他のドラッグと同様に大麻は規制対象でした。 2017年の「一部合法化」についてのポイントは、「大麻の使用」については、科学的研究または医学的な目的に限り認められ、「医療目的での販売」について許容されるようになり、一般の薬局や国からの認可された商店が大麻を取り扱えるようになったことです。購入には医師の診断書が必要で、あくまで「医療目的」である場合に販売が許可されるものです。また、大麻を利用したテラピーの費用に関しては、多くの健康保険組合が「保険の対象」としています。快楽目的の個人使用について合法化されたというわけではありません。違法な栽培、生産、販売、所持、使用等については、5年以下の懲役または罰金刑が課されます。(根拠法:BtMG §29)量刑に関しては、州によって異なります。 これまでドイツ国内で使用されていた大麻草は多くが輸入品でしたが、この「一部合法化」を受けて、大規模国内生産が開始されました。非常に長い輸入プロセス、手続きを経ていたものを大幅に短縮化、また価格も大幅に抑えることが可能となりました。目下、国からは3業者が栽培の認可を受けており、大麻草を栽培しています。今年から一般の薬局において広く「Made in Germany」大麻が正式に世に出回ることとなります。 ☆☆☆大麻に関するドイツ語単語☆☆☆ das Betäubungsmittelgesetz(BtMG):麻薬法 das Cannabis:大麻 das Marihuana:大麻(マリファナ) das Haschisch:インド大麻から作る麻薬(ハシシ、ハシシュ) der Hanf:麻 kiffen:大麻を吸う der…

【D】デュッセルドルフ空港の事件ニュース

ドイツ・ノルトラインヴェストファーレン(NRW)州では、夏休みが始まり、デュッセルドルフ空港(DUS)は非常に賑わいを見せています。夏のヴァカンスを喜ぶ人たちと対称的に、ショッキングなニュースがありましたので、今回はここ数日で起こった事件を2件、紹介致します。 ①ペガサス航空(PC)事件 2021年7月2日に、トルコの格安航空会社・ペガサス航空の搭乗予定客が約5時間空港の待合室で待たされるということがあり、怒った搭乗予定客が暴れ、警察が出動する事態となりました。また、ペガサス航空では2021年7月1日より大量のパイロットを含む従業員解雇・無給休暇を決定しており、人員が不足、予定されていたフライトも既にいくつか欠航便が発表されています。十分な人員が配置されなかったことにより、乗客のコントロールが出来ず、また警察出動までの事態を引き起こした件につき、空港側は被害額を算出し、航空会社に対し法的措置を講じる姿勢を見せています。 ②刃物男襲撃事件⁈ 2021年7月6日現地時刻14時、在デュッセルドルフ日本国総領事館よりメールが届きました。 6日、デュッセルドルフ空港で、ナイフ使用の傷害事件が発生し、報道によると、負傷者が生じているとのことです。 現在、犯人は逃走中との報道がありますので、空港ご利用者は、報道等に十分注意してください。 現地ドイツメディア情報によると、事件は空港駐車場にて発生したそうで、路上生活者同士の場所の取り合いによる口論から傷害事件に発展したものと報じられております。犯人は逃走中とのことですが、目撃者情報によれば、けが人と犯人は互いに名前で呼び合っており面識のある者同士であるとのことです。尚、けが人に命の別状はありません。 ニュースは以上です。お出掛けの方は、ご用心ください。 にほんブログ村

【D】2021年ドイツの夏休み

僕がドイツに戻って以来、不安定な天気の日が割と長く続いておりましたが、ようやく夏らしい天気になりました。今回はドイツの夏休みについて書きます。 先日僕の周囲で「ようやく夏休みだ!」との声が聞こえて来ました。現在僕が生活をしているノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州では、夏休みに突入したところです。 ドイツでは、学校の夏休みの時期は州によって異なります。今年2021年を例にしますと、下記の通り(※州の名前のアルファベット順)です。 BW : 29.07 – 11.09 Bayern: 30.07 – 13.09 Berlin : 24.06 – 06.08 Brandenburg: 24.06 –…

【D】コロナ明け⁈ステータス修行

新型コロナウィルスの影響で、いまだになかなか旅行が難しい状況が続いておりますが、ヨーロッパでは罹患率が下降傾向で、規制緩和が相次いで発表されております。ヨーロッパ内だけでなく、日本を含む一部アジア地域との往来に関する規制も緩和されるとの報道もありました。人の流れが活発になるであろうことが見込まれ、航空各社が夏に向けての顧客獲得に動き始めております。 AirFrance-KLM(AF/KL)のマイレージプログラム「Flying blue」では、昨年(2020年)に引き続き魅力的なキャンペーンを発表されました。今回はその内容について紹介致します。 Flying blue会員は、2021年7月1日から2021年12月31日までの間に搭乗すると、XP(ステータスポイント)が2倍獲得可能です。また、今年度内に飛行機に1度も搭乗しない場合でも、現在保有しているステータスとマイルは維持されます。 昨年との大きな違いは、今年はダブルマイル獲得特典はなくなったという点です。今年はXPのみ2倍獲得という特典です。上級ステータス狙いの場合は、ダブルマイルがなくてもダブルXPの方が重要な要素ですし、マイル修行僧は十分楽しめるはずです。 ヨーロッパ各国で規制緩和が進んではいますが、入国要件や隔離要件等は国によって異なりますので、ご旅行の際は各国の最新情報にご注意ください。

【D】ドイツのマスク事情

ドイツでは、疫病対策で主に3種類のマスクの種類の使用が認められております。 OP-Maske(いわゆる不織布マスク) FFP2-Maske oder Maske mit vergleichbarere Filterwirkung (KN95/N95-Maske) 日本と大きく違う点は、布製マスク・自作マスクの使用が認められていない点です。 一時期はマスク不足で、自作マスクが流行しましたが、現在はマスクの需要と供給のバランスも取れ、ドラッグストアやスーパーマーケット等でも問題なく購入出来るようになりました。一般の流通価格も、非常にフェアな価格で取引されております。 ドイツでは、公共交通機関利用時や店に入る場合などは、上記の3種類・使い捨てタイプのもの以外は認められていません。僕は日本でも一般的に流通しているOP-Maskeを購入し、家に備蓄しております。一番値段が安く、普段使いには重宝しておりました。 しかし、つい先日の2021年4月23日に「連邦感染症予防法」(deu. Infektionsschutzgesetz)の新しいルールが可決成立し、マスクに関するルールが厳しくなりました。 人口10万人当たりの直近7日間の新規感染者の指数が100を超える地域は、タクシーを含む公共交通機関の利用時は、FFP2またはそれに準じる規格のマスクの着用が義務付けられました。つまり、不織布のOP-Maskeは使用出来なくなりました。 9. bei der Beförderung von…

【D】コロナ禍のドイツ入国

無事、ドイツに戻って参りました。今回は、ドイツに戻る際に必要な手続きについて書きます。 現在ドイツでは、世界的疫病の変異種の流行を受け、シェンゲン協定加盟国内の移動でも、まるで国境審査のような管理体制が敷かれています。 ドイツに入国する全ての方は、下記のサイトをご覧の上、必要情報をご登録ください。 Digitale Einreiseanmeldung(入国電子申告) URL:https://www.einreiseanmeldung.de/#/ ※当日紙で提出することも許されているようでした。 上記の例は、目下(2021年4月3日時点)日本から直行便でドイツに向かう場合には、日本が危険地域として評価されていないので、「登録そのものが不要」です。評価がいつどのタイミングで変わるか不明なので、必ず出発日前日には遅くとも最新情報をご確認されることを推奨致します。 僕の場合は、日本(関西)を出発し、オランダ(アムステルダム)とギリシャ(アテネ)を経由しました。 国を追加するメニューに進み、危険地域での滞在時間数が24時間以上あるという項目が複数並んでいる中、「該当なし」という項目があったので、そちらを選択しました。変な旅程ではありますが、一応「24時間以内」の「乗継」です。 登録自体はインターネット環境さえあればすぐに行うことが出来ます。空港の無料Wifiサーヴィスを利用し、スマートフォンから登録を済ませました。メールアドレスの確認メールは届きましたが、それ以外控えのようなものは届かなかったので、画面のスクリーンショットを撮っておくと良いです。 ちなみに、ギリシャ・アテネ空港(ATH)では、荷物を預ける際、搭乗手続きの際と2回登録の有無を確認され、ドイツ到着後も登録画面を見せるよう求められました。念のためスクリーンショットを撮っておいて良かったです。 ドイツ到着後は、空港到着時にパスポートと滞在許可証のカードのみ確認されただけでした。結構色々と質問をされるかなと心配しておりましたが、あっさりと入国することが出来ました。ドイツの「いわゆる永住権」を所持しているので、あれこれ質問されず簡単だったのかもしれません。 ご出張の方、VISAの現地取得予定の方は、飛行機を降りてすぐの場所で色々と質問されるかと思いますので、重要書類はすぐに出せるように、準備を整えておくと良いと思われます。

【J】日本のPCR検査事情

日本に一時帰国し、ヨーロッパに戻ることになりました。今回は、ヨーロッパへの帰国準備・日本でのPCR検査事情、自分自身が実際に経験した点、とりわけ僕自身が感じた疑問点について書きます。 目下、ヨーロッパの多くの国では、一般の旅行客の方は入国制限が行われてしまっている状況ですが、僕はドイツでのVISAを持っているので、入国自体は問題ありません。 現在、僕の知り合いの方々のヨーロッパ在住者の多くも日本への一時帰国中、または近いうちに里帰りをご計画の方々が多いようです。ヨーロッパ在住日本人にとっては、日本に一時帰国後ヨーロッパに再度戻ることは可能な状況ですが、「新型コロナウィルス陰性証明書」の要件については常に注意が必要です。ヨーロッパから日本へ来るのは容易でも、日本からヨーロッパに向けて渡航するにはややハードルが高いと思われます。 まず、僕は2020年12月中旬に日本にやって参りました。その際は、日本への入国もヨーロッパに戻るのも比較的簡単でした。その当時の大きな点は、ヨーロッパから見た日本の評価が「危険度の低い国」と評されており、必ずしも「新型コロナウィルス陰性証明書」を提出する必要がなかったことです。現に僕の友人は、僕とほぼ同じ頃に日本に一時帰国し、2021年1月初旬頃にヨーロッパに戻りましたが、その際には「陰性証明書」が不要でした。僕もそろそろヨーロッパに戻ろうか、と色々と準備をしている間に状況が一変してしまいました。日本国内でのいわゆる「変異種」が相次いで発見されたことを受け、日本は「危険度の低い国」ではもはやなくなってしまったのでした。 僕はドイツに戻るのですが、オランダの航空会社KLMオランダ航空を利用します。なので、オランダとドイツの要件を調べる必要があります。 ※ついでに申し上げますと、キプロス在住時に休暇用に購入していたチケットだったため、KLM利用部分はギリシャ発着のチケットとなっており、特に用事がないギリシャにも飛びます。 入国要件はこちらのサイトが非常に調べやすいです。>>URL:https://www.traveldoc.aero/ このサイトのお陰で、最新情報が簡単に調べることが出来て便利です。僕のように乗継便がある場合でも問題ありません。(乗継便検索は3フライトまで) 次に、新型コロナウィルスの検査についてですが、調べると色々な用語が出て来ます。いわゆる「PCR検査」という用語は一般的ですが、実は検査には種類がいくつかあります。自分自身が行きたい国や経由地の要件を満たしているかを注意する必要があります。 僕の場合は、兵庫県内の地元で「PCR検査を受けたいのですが…」と保健所にご紹介を受けたところや、自分でインターネットで調べた様々なクリニックに電話で問い合わせをして確認しました。すると、多くのクリニックからの返答で次のような問題点が見受けられました。 検査費用がやたら高額(30000円以上)であること。 「適切な」陰性証明書が発行されないこと。 まず費用については、日本国内の検査は結構高額です。「保険が効かないので自費となります」というご説明を何度も受けましたが、僕が以前住んでいたキプロス島内では僕が生活していた頃で60ユーロ以内が一般的でしたし、今現在は35ユーロ程度と随分値段が下がったようです。 ドイツも日本円に換算して10000円程度のようですから、日本がいかに高額かということが分かります。 ヨーロッパ内での場合は、費用には英文証明書は含まれております。日本の場合、英文の診断書はかなり高額な「別料金」として設定されていることが多く見受けられました。 インターネットで検索をしますと、非常に安価な検査キットの販売サイトやクリニックの案内が出て来ることもありますが、結構落とし穴があります。それは、「海外渡航用」と選択すると金額が一気に跳ね上がったり、陰性証明書についてかなり小さな文字で色々と注意書きがなされていることです。 陰性証明書については、国によっては特定のフォーマットが必要なケースもあるようですが、目下ヨーロッパ行きは「この書式でなければならない」という厳密なフォーマットは必要なさそうです。陰性証明書ですから、「Negative」という表記、名前、パスポート番号等のID番号、検査日時、検査方法が英語で記載されていれば問題ないと思われます。 僕が見たところ、検査費用が安いクリニックや郵送タイプの検査キット販売業者のウェブサイト上で、 「当クリニックで発行する陰性証明書は、海外渡航用としてはご利用いただけません」 「英文やその他言語は対応していません」…

【J】日本入国時の新たな水際対策強化措置

つい先日、日本入国時の新たな水際対策措置についての発表があり、日本時間の令和3年(2021)年3月5日午前0時より適用開始となりました。昨年12月に僕が日本に入国した頃と大きく異なっている点について紹介致します。 厚生労働省のHPには、まず下記のような記述がなされてあります。 海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提出が必要です。「出国前72時間以内の検査証明書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合がございます。)加えて、海外から日本へ入国するすべての方は、国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について誓約いただくことになりますが、「誓約書」が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。また、誓約に違反した場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となり得るほか、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、(2)在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。 <検査証明について>検査方法については、「核酸増幅検査(Nucleic Acid Amplification Test)のPCR(polymerase chain reaction)法、LAMP(Loop-mediated isothermal amplification )法、TMA(Transcription Mediated Amplification)法、TRC(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)法、Smart Amp(Smart Amplification procecc)法、NEAR(Nicking…

【J】コロナ禍の日本入国

先日、欧州より日本にやって参りました。 「今この時期に日本に行きたいけれど、入国の状況がどのようになっているかが不安」という方々のために、今回は自分自身の体験について書きます。尚、当ページの情報は2020年12月時点での情報であることにご留意ください。 僕はキプロス(ラルナカ)→ギリシャ(アテネ)→オランダ(アムステルダム)→フランス(パリ)→日本(関西)というルートで日本に向かいました。このような特殊なルートになった背景は、関西空港(KIX)に向かえる航空会社の数が限定的であったことと、PCR検査や隔離などの制限措置を避けるためです。 この当時、日本に向かう場合は「24時間以内の乗り継ぎであればPCR検査不要」という状況でしたが、キプロスからギリシャに向かう時点、つまりギリシャ入国時点でPCR検査の陰性証明書がないと飛行機に乗せてもらえないという状況でした。 このように、最終目的地では検査不要でも、中継地点の国で書類提出を求められる場合がありますので、注意が必要です。 キプロス国内ではPCR検査は非常に受けやすく、特に予約も不要でした。また、費用は55ユーロと手頃でした。検査結果はメールにてPDF形式で送信されるので、空港でチェックインの手続きをするまでに印刷して手元に保管しておく必要がありました。 オンラインチェックインが前日に出来ず、搭乗日当日は空港のカウンターにて手続きをする必要がありました。その際に最終目的地を確認、PCR検査結果を見せ、荷物を預けてチェックイン、という流れでした。 非常に長い旅路を経て、日本に到着すると、QRコードを取得しているかの確認が行われました。実はその手続きを知らないまま渡航してしまい、空港に設置されてあるパソコンを借りて、急いで登録を致しました。 ※QRコード及び、日本入国に関する手続きについては、厚生労働省及び検疫所のHPで最新情報をご確認いただくことを推奨致します。 参照URL:https://www.forth.go.jp/index.html QRコードが確認されると、唾液検査用のキットを受け取り、各自唾液を容器に採取し提出、その後待合スペースにて、自身の判定を待ちます。 概ね30分程度の待ち時間だったかと思われますが、自分自身の結果が陰性だったということが分かり、陰性者用順路を進み、その後入国審査へと進みました。 入国審査が終わり、荷物を受け取り、税関通過、その後空港の到着ロビーへと進んみました。基本的にその間の「見張り役」のような方はいらっしゃらず、公共交通機関は利用しないようにと「要請」はされているものの、特に罰則もなく強制ではないということが影響しているのか、「水際対策強化」を謳っている割には、随分な「ザル状態」でした。 また、入国後14日間は自主隔離が要請されていますが、これもまた実質的に自由な行動が許容されており、保健所からの確認の連絡というものもありませんでした。これは、滞在先の管轄保健所によって対応がまちまちで、頻繁に連絡が来る自治体と、そうでないところがあるようでした。僕の場合は、一度も連絡がないまま自主隔離期間を満了致しました。 以上が僕自身の「コロナ禍の日本入国体験談」です。ご参考に頂けますと幸いです。  

【D】待望の!ベルリン新空港・ブランデンブルク空港(BER)

ついに!僕が待ちわびたベルリンの新空港「ブランデンブルク空港(BER)」に行ってまいりました。2020年10月31日に開業し、僕自身は2020年11月7日のフライトに搭乗するため利用しました。 ドイツでは2020年11月2日よりロックダウン(厳格なものではなく、比較的緩やかな措置)がなされております。その影響もあり、一般旅行者はホテルを利用出来ないという状況でしたが、空港のすぐ前にある「Steigenberger Hotel(シュタイゲンベルガーホテル)」には問題なく宿泊することが出来ました。 ホテルは空港駅を出てすぐの場所で、新しくピカピカな状態でした。直前に予約しても非常にお手頃な料金で宿泊出来ました。 空港の方は、残念ながらコロナ禍ということと、僕が利用した日は旧空港であるテーゲル空港(TXL)がまだ稼働中ということで、便数が少なく、新しくて大きな空港ではあるものの、やはり物寂しさを感じてしまう雰囲気でした。 ラウンジを利用したかったのですが、僕が利用した日は営業を開始しておらず、翌日の2020年11月8日から営業開始という状況でした。 僕自身、新しい物好きなところはありますが、自分にとって思い出深いテーゲル空港(TXL)やシェーネフェルト空港(SXF)が無くなってしまうのは、どこか物悲しい気持ちもありました。しかし、最後の思い出に!今年秋についに新空港・ブランデンブルク空港(BER)が開港ということで、無理やり旅行を組み、年内に3空港全て利用出来たので、非常に満足はしています。 特に、2020年8月に行って来た旅行で、テーゲル空港(TXL)の色々な部分を探検出来たので、良い思い出になったかと思っております。 新空港は、本格的に稼働しましたら、またドイツ国内線や他の路線で利用したいと考えております。 新しいうちに空港を利用することが出来、またパスポートにスタンプを押してもらい、良い記念となりました。