Kategorie: Leben

【D】待望の!ベルリン新空港・ブランデンブルク空港(BER)

ついに!僕が待ちわびたベルリンの新空港「ブランデンブルク空港(BER)」に行ってまいりました。2020年10月31日に開業し、僕自身は2020年11月7日のフライトに搭乗するため利用しました。 ドイツでは2020年11月2日よりロックダウン(厳格なものではなく、比較的緩やかな措置)がなされております。その影響もあり、一般旅行者はホテルを利用出来ないという状況でしたが、空港のすぐ前にある「Steigenberger Hotel(シュタイゲンベルガーホテル)」には問題なく宿泊することが出来ました。 ホテルは空港駅を出てすぐの場所で、新しくピカピカな状態でした。直前に予約しても非常にお手頃な料金で宿泊出来ました。 空港の方は、残念ながらコロナ禍ということと、僕が利用した日は旧空港であるテーゲル空港(TXL)がまだ稼働中ということで、便数が少なく、新しくて大きな空港ではあるものの、やはり物寂しさを感じてしまう雰囲気でした。 ラウンジを利用したかったのですが、僕が利用した日は営業を開始しておらず、翌日の2020年11月8日から営業開始という状況でした。 僕自身、新しい物好きなところはありますが、自分にとって思い出深いテーゲル空港(TXL)やシェーネフェルト空港(SXF)が無くなってしまうのは、どこか物悲しい気持ちもありました。しかし、最後の思い出に!今年秋についに新空港・ブランデンブルク空港(BER)が開港ということで、無理やり旅行を組み、年内に3空港全て利用出来たので、非常に満足はしています。 特に、2020年8月に行って来た旅行で、テーゲル空港(TXL)の色々な部分を探検出来たので、良い思い出になったかと思っております。 新空港は、本格的に稼働しましたら、またドイツ国内線や他の路線で利用したいと考えております。 新しいうちに空港を利用することが出来、またパスポートにスタンプを押してもらい、良い記念となりました。

【Z】ヨーロッパで明太子⁈

キプロスで面白い食材が手に入るらしい! キプロス在住の日本人の間で密かに話題となっている⁈「明太子風味のもの」が買えると同僚に教えてもらいました。僕は明太子が大好きで、おにぎりやパスタで頂くことが多いのですが、キプロスで手に入るのかと大興奮でした。 「明太子風味のもの」が売られているお店は、何とも意外なことに「ロシアスーパー」だそうです。 僕が生活をしている街・レメソス(英語ではリマソール)には、多くのロシア人たちが生活しています。特に場所によってはロシア語がかなり聞こえてくる区画もある程です。僕がキプロスに移住をしてから、同僚であったり、ギリシャ語学校でのクラスメイトであったり、ロシア人の知り合いが増えました。 彼らの情報によれば、ロシアスーパーの中で最も大きいお店が海沿いにあり、そこなら間違いなく買えるだろうとのことで、即買いに行きました。 ロシアスーパーに到着後、冷蔵庫のコーナーですぐに目当ての商品を見つけることが出来ました。 ロシアスーパーに「明太子風味のもの」があるというだけでも面白いのに、ロシア語でикра минтая(イクラミンターヤ)という名前でした。 イクラ(икра)が、魚卵を表す言葉で、ミンターヤ(минтая)はスケトウダラを表す言葉だそうです。単語の音の感じでも意味でもきちんと「明太」のようでした。そして、気になったのですが、パッケージにはドイツ語が書かれてありました。ドイツ企業の名前、加工地がベラルーシ…⁈そしてそれがキプロスのロシアスーパーで販売されているという、何とも不思議な商品です。 尚、日本人の同僚によると、икра минтая(イクラミンターヤ)と書かれてある缶詰であったり、似た商品があったとしても、「日本人が思う明太味」は、上写真の「青いパッケージのもの」だそうで、他の商品は違うらしいです。 1缶130gで、5ユーロでございました。 ご興味のある方は是非、青いパッケージのものをご購入ください。 にほんブログ村

【Z】2020年秋の大変革

ヨーロッパ内が「一時規制緩和中」ということで、趣味である週末弾丸トリップを楽しんで参りました。ギリシャ旅行に引き続き、ドイツのベルリンに行って来ました。 2020年秋、ベルリンの新空港「ブランデンブルク空港(BER)」開港に伴い、旧空港が閉鎖されます。僕にとって思い出深い「ベルリン・テーゲル空港(TXL)」をどうしても最後に利用しておきたいという思いで、旅立ちを決意しました。流行中の疫病の感染者数は、残念ながら国境開放後上昇傾向にあり、また旅行が困難になってしまう恐れもありました。なので、「今のうちに!」という気持ちもありました。 また、以前からキプロス内第2の空港・パフォス空港(PFO)が気になっていたので、パフォス空港から旅立ちました。 結果的に、思い出の空港をしっかり記憶に焼き付けることも出来、滞在時間が短いながらも満足の行く旅行となりました。空港がなくなってしまう前に、大好きな空港の入国スタンプも無事に手に入れることが出来ました。僕はパスポートのスタンプコレクターなので、非常に興奮してしまいました。 ヨーロッパ在住者になると、パスポート上にスタンプはほぼ押されなくなってしまうのですが、キプロスが2020年8月現在、シェンゲン協定には加盟していません。その関係で、僕のパスポートにはキプロスを出入りする都度入国審査が行われるので、スタンプが押されるのです。 しかし、2019年9月にキプロスがシェンゲン協定に加盟すると大々的に発表を行い、さらに2020年7月の段階で、シェンゲン協定加盟国における個人情報保護に関する規定に合意したとの報道がありました。シェンゲン協定加盟に向けて大きな一歩であったと報じられたものの、今後まだ複数のプロセスが残っており、具体的にいつ頃加盟となるのかは本日現在は発表はなされていません。 そう言えば、キプロスのシェンゲン協定加盟に関する議論は随分昔からあったようですが、2020年8月の時点でも加盟をしていないところを見ると、本当に加盟するのかどうか怪しい気がします。今年になって大々的にニュースで報じられていたので、ようやく大きな一歩を踏み出した!と喜ぶべきニュースなのか、今後の経過が楽しみです。 そして長引いているものとしては、ベルリンの新空港・ブランデンブルク空港(BER)についても同様です。 僕がドイツに移住をした頃、新しく空港が出来ると言われていて…10年くらい経過してしまっております。 キプロスのシェンゲン協定加盟 ベルリン新空港・ブランデンブルク空港(BER)開港 早いのはどちらでしょうか⁈   今年2020年は、疫病流行の影響で、旅行をするにも日々変化する渡航規制情報の事前確認、PCR検査の証明書の事前準備であったり、気が抜けません。特に、国ごとに独自に設定している警戒情報については、常に注意しなければなりません。 キプロスにおいては、入国24時間前から「Cyprus Flight Pass」の登録が必要です。 カテゴリーA 低リスク国(新型コロナウィルス検査証明書不要) カテゴリーB 要警戒国(72時間以内に発行された新型コロナウィルス陰性証明書要) カテゴリーC 警戒国(※リストに記載のない国全て)…

【Z】規制緩和中のドイツ帰省

世界中で流行中の疫病の影響で、キプロスは事実上の鎖国をしておりましたが、2021年6月!ついに一般旅客向けに空港がオープンとなりました。 今回は、規制緩和中のドイツ帰省について書きます。 僕はドイツ在住者のまま、キプロスに移住致しました。「ドイツ在住者のまま」というのは、僕がドイツ在住時に獲得した「いわゆる永住権」を失効させないようにするため、ドイツに住所を残しておいたり、半年に一度ドイツに行くようにしているのです。 ドイツの「いわゆる永住権」こと、Niederlassungserlaubnisは、ドイツを半年以上離れてしまいますと失効してしまいます。特別な事情等は除かれますし、1日でも経過すると直ちに失効という性質ではないものの、移住後も半年に一度は最低でもドイツに戻るという生活をすることを決めておりました。せっかく取得した権利なので維持する方向です。一度取得したら無条件で永久的に有効ではないので、「いわゆる永住権」と表現しております。 ドイツの「滞在法」という法律に、Niederlassungserlaubnisについての条件が定められてあります。 § 9 Niederlassungserlaubnis (4) Auf die für die Erteilung einer Niederlassungserlaubnis erforderlichen Zeiten des Besitzes einer…

【Z】ギリシャ語学習

ドイツからキプロスに移住し、少々ギリシャ語の勉強を致しました。ギリシャ語についてはずっと前から興味はあったものの、なかなか勉強する機会がなかったのですが、ギリシャ語が話されている島に移住したので、勉強してみようと思い、クラスに申し込みました。 今回は、「キプロスでのギリシャ語」について書きます。 キプロスでは、外国人向けに無料ギリシャ語講座が開催されているという噂を聞き、同僚たちから情報を集めて調べたところ、残念ながら「以前は存在したが現在はもうない」ということでした。また同僚たちからは、キプロスではイギリスの影響を受けており、一応英語も公用語であるため、ギリシャ語をわざわざ学ばなくても、十分外国人は生きて行けるということで、ギリシャ語って実はそんなに必要ではないと思われがちなようでした。実際、ギリシャ語を習おうとしている人もそう多くないようで、勉強したければプライヴェートの語学学校に行く感じのようでした。 僕の場合は、偶然自宅近くの、市役所の建物内で行われている格安の語学コースを見つけたので参加しました。 レメソス・アイオスアサナシオス「Agios Athanasios OPEN SCHOOL」 URL:http://www.openschoolcy.com/lessons/ 一応、語学レヴェルでは、初心者クラスA1から初級クラスA2までを受講しました。B1クラス以上は人数が集まらなかったため、開講されず残念ではありましたが、十分に会話は出来ないけれども、なんとなく理解が出来る程度のレヴェルにて終了致しました。 ギリシャ語が少々分かるようになって来て、ギリシャにも遊びに行きましたが、ギリシャ人とギリシャ系キプロス人のギリシャ語ってかなり違うということに気付きます。 方言と言うか、時には別言語レヴェルと言える程の違いがあります。キプロス人が話すギリシャ語は、古代ヘレニック語、キプリアカ(Κυπριακά)と呼ばれ、現代ギリシャ人たちが使用しない言葉があるようです。 ☆☆☆面白い方言⁈☆☆☆ δαμέ: ここ、ここに τζαμέ: あそこ、あそこに άντε: おいおい!おやまぁ!(リアクションとしての意味多数) ρέ:…

【Z】転職&キプロス移住

前記事では、僕の簡単な自己紹介と、僕がドイツに移住するまでの話を紹介致しました。憧れの国・ドイツでの生活を楽しんでおりましたが、突然のハプニングがあり、キプロスに移住することとなりました。 今回は、キプロス移住・移住後の生活について書きます。 ドイツの某日系企業で勤務しており、大プロジェクトに参加していたのですが、2018年9月、プロジェクト終了後にいきなり解雇されるということになってしまいました。ドイツ国内で仕事を探しましたが、希望の職種がなく、悶々としておりましたところ、人材紹介会社の求人で「金融系・未経験者応募可能」というものを見つけ、応募しました。 正直「キプロス」という国は、国名だけなんとなく聞いたことはあったのですが、大して知りませんでした。調べたところ、常夏の小さな島で、リゾート地としてヨーロッパ人たちの間で人気の島国のようでした。 3ヵ月間のインターンシップ募集とのことだったので、リゾート地でのんびりしながら新しい業界について学べるという、結構気軽な感じで応募してしまいましたが、日本語スタッフ募集ということでありがたいことに採用をいただけました。 キプロスという国はとにかく謎過ぎました(笑)以下は、僕が事前に調べた情報&住み始めて分かったことです。 キプロス共和国 英語ではCyprus(サイプラス) ドイツ語ではZypern(ツィパン) 首都はレフコジア(英語ではニコシア) 国の領土・首都が分断されている。 ギリシャ系とトルコ系の民族が存在し、トルコ系民族の居住地が「通称・北キプロス」である。 「通称・北キプロス」は、トルコ以外からは承認されていない国家である。 通貨はユーロ(一部地域はトルコリラ)である。 イギリス軍駐在、一部イギリス領土がある。 公用語はギリシャ語、英語、一部トルコ語 ヨーロッパ内の税の回避地(いわゆる「オフショア」「タックスヘイヴン」) ヨーロッパと言うよりもむしろ中東! 暑過ぎる! 冬の雨量が異常!…

TOP

【D】ヨーロッパ就職活動の始まり

海外で仕事がしたい!と思いながらも、どうやれば良いのか、また一歩踏み出せずにいる方はたくさんいらっしゃるかと思います。 今回は、自分自身の経験をもとに、ドイツでの仕事との出会いについて書きます。   僕は日本にいた頃、憧れていたドイツにどうしても行きたくて、大学を卒業した後、新卒枠で某ヨーロッパ系の外資系企業に入社をしました。この会社がかなり曲者で、僕の人生の「黒歴史」の一部となるわけですが、1年も経たないうちにヨーロッパへの夢が打ちひしがれました。 外資系企業というと、なんだか海外への近道のような気がしなくもなさそうですが、実際にはそうではありません。日本に進出している外資系企業は「日本での」事業開拓を目的としているので、自分自身が海外で働ける可能性が低いのです。 海外拠点を持つ日系企業の方が、海外で働くチャンスは大きいと思われます。若い頃(就職活動をしていた頃)の僕には、そんな発想は全くありませんでした。かなりの世間知らずでした。   日系企業で「駐在員(出向社員)として」海外勤務になるということは難しく、大体の場合は会社内で「エリート」に昇り詰める必要があるでしょう。大半は自分の意思によらない海外転勤で、さらに期間が不確定です。最初に「だいたい3年くらい」などと示されて赴任なさるそうなのですが、当初言われていた年数より長くなったり短くなったりも当然あるそうです。いきなり異国の地で意味がよく分からないまま、これまでと畑違いの仕事をしたり、その土地に慣れて来て快適に生活が回り出した頃に日本帰還命令が出たり、他の国への異動命令が出たりで、色々苦労されたり、思うように行かないのが常です。   僕の場合は「なんとなく海外」ではなく、行きたい国が明確でした。大学時代に旅行して憧れた「ドイツ」の一択でした!長く住みたかったので短期間限定のものではなく、現地に生活をして働ける会社を探しました。 ドイツで長く暮らせそうな会社ということで、最初にルフトハンザドイツ航空(LH)に目を付けました。 外資系エアラインの客室乗務員は、男性も積極的に採用しているし、ドイツに住みながら仕事で日本にも行けて、なんて素敵な仕事だろうと妄想していました。 しかし、僕は英語がそんなに堪能なわけでもなく、「ドイツが大好き」と言う割には、当時の自分の語学能力はドイツ語検定3級レヴェルで、大したものではありませんでした。さらに後に知ったのは、ルフトハンザドイツ航空は毎年日本人を募集しておらず、2~3年に1度くらいの募集で、毎度かなり高い競争率だということでした。僕は過去に1度だけ受験し、奇跡的に書類審査は通りましたが、1次面接で敗退致しましたorz   某外資系企業を辞め(と言うか実はいきなりのクビだったんですが!)、エアライン受験に専念すべく、無職になりながらも、英会話教室や某エアラインスクールに通いました。ルフトハンザドイツ航空のフライトアテンダントを目指すも、各エアラインの募集時期は不定期で、先行きが見えませんでした。当時東京で一人暮らしをしていたため、生活費の問題もあり、あまり無職期間を延ばすわけには行きませんでしたので、当時かなり勢いのあった某大手旅行代理店に就職をしました。 その会社にはドイツ拠点があり、積極的に海外勤務を目指す社員を応援するという素晴らしい社風で、「いつか自分も!」と思い、頑張って勤めました。   結局、僕がドイツに辿り着いた最終的なきっかけは、その旅行代理店で勤務中、カウンターにてとあるお客様の接客対応をしていたときです。僕が「ドイツで働きたい!それが人生の大きな目標なんです!」と言ったところ、お客様が「あなたみたいな人は是非海外に出るべき!直接履歴書を郵送するなりメールするなりして応募してみなさいな!」と言ってくださり、ドイツ内の会社を数社、ご紹介くださいました。そのお客様がヨーロッパ出張に行かれる際に関係のある会社のようでした。海外の求人サイトも教えてくださったのです。   「そうか!直接応募すれば良いのか!」…

【Z】始まりはここから

当ウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。当ウェブサイト管理人の小石です。 Koishi(小石)という名前は、ドイツに住み始めた頃によくそう呼ばれておりまして、気に入ったのでそのままペンネームに採用致しました。 僕は、2011年4月より日本を離れ、ヨーロッパ生活を楽しんでおります。 2011年4月~2019年4月 ドイツ在住 2019年4月~2020年5月時点 キプロス在住/ドイツ在住(往復生活) 留学経験や大した海外経験も特になく、語学力も微妙なまま移住したので、なかなか刺激的な毎日ですが、日々楽しく過ごせています。 ヨーロッパ(ドイツ)の素晴らしさ&楽しさを多くの人に伝えるべく、いつか自分で番組制作をしたいなと思っていました。最初はブログから始め、2019年10月からはYoutuberになってみました。 しかし、実際に始めてからYoutuberとして動画作成をするのは結構難しいんだなということがよく分かりました。(凝り性なので、やり始めたらとことんハマりそうですが!) ↑僕の記念すべき、Youtuber活動デビュー作品はこちらです! 正直、こんなクオリティで公開しようかどうか迷いましたが、この動画を公開してから、どんどん創作意欲が上がった気がしました。 今後はYoutuber活動をしながら、ヨーロッパ生活の情報や、旅行情報、語学情報を当ウェブサイトで発信します。 僕はなかなかな社会不適格者ですが、様々な業種に精通していることもあり、人脈も多く、話題の引き出しは多いと自負しております。旧ブログ時代はそれなりに人気記事もあり、読者の方々よりたくさんご質問や相談を受けたりしましたので、今後も多くの方々に愛されて、そして役に立てるような情報を発信して行けたら、と考えております。 僕は、「独特な世界観がある」と周りから言われることがあります。あまり一般受けしないキャラクターであると自認もしておりますが、そこは個性ということで見守っていただけると幸いです。 今後ともどうぞよろしくお願いします。 にほんブログ村